ゲストさん
販促力を高めるチラシ作成のコツ販促力を高めるチラシ作成のコツ

チラシのタイトルやキャッチコピーをつけるコツ

チラシの効果を大きく左右するタイトルやキャッチコピー。ぱっと見るだけで、お客様に伝わるコピーを見つけることが必要です。ここでは売り上げや集客率を上げるためにも重要となるタイトルやキャッチコピーのつけ方をご紹介します。

チラシ印刷なら、印刷の通販®グラフィック

チラシ印刷の価格はこちら

チラシのタイトルとキャッチコピーって?

チラシのタイトルやキャッチコピーとはどんなものでしょうか。一度は目にしたことがあるスーパーや量販店のチラシで大きく書かれた「大決算セール」や「OPEN記念」といった見出し(1。それがタイトル―つまり、チラシ全体のイメージを具体的に伝えてくれる題名になります。
キャッチコピーとは、タイトルとは別にお客様の心を掴むためのメッセージ(2です。ときにはキャッチコピーがタイトルを兼ねることもありますが、どちらも短い言葉で商品やサービスを伝える、チラシにとって大切な要素です。

1見出し

チラシのタイトルのイメージ

2キャッチコピー

チラシのキャッチコピーのイメージ

チラシのタイトルをつけるコツ

目にした瞬間にチラシの内容をイメージさせるのがタイトルの役割。わかりやすく、それでいて目を引く言葉を選びましょう。

コツその1ストレートな言葉を選ぶ

例えば「セール」「○○祭り」「NEW OPEN!」「○○キャンペーン」といった言葉は馴染みがあるため、一目でチラシの内容を想像できます。オトク感を喚起させる言葉を中心にしてタイトルをつけてみましょう。わかりやすく目を引くものになります。

単に「大特価セール!」とするより「美容室○○○○ 6周年感謝祭!」や「決算直前! 大特価市!」など、タイトルに理由を持たせると、特別感や説得力が増して訴求力がアップしますよ。

タイトル例一覧

  • 初夢フェア
  • 夏物一掃祭り
  • ○○店開店セール
  • 期間限定○○○円均一
  • B級品わけあり市
  • 秋の味覚フェア
  • 年末大バーゲン

コツその2特定層のターゲットにアピールする

シーズンや年齢層を限定したタイトルは、ターゲットとなる層に読んでもらえる確率が高くなります。

例えば、入学や入社を控えた人へセールをアピールしたい場合は「新生活応援セール!」、子どもを対象にしたイベントを開催する場合は「夏休みこどもまつり!」など、ターゲット層に直接伝わるようなタイトルをつけてみましょう。

ターゲットにアピール

キャッチコピーを作るコツ

心を掴むキャッチコピー作りで大切なことは、ターゲットとなるお客様の気持ちにどれだけ近づけるかということです。誰がどんな期待を持って商品やサービスを利用したくなるのか、いま一度しっかりイメージしてみましょう。

コツその1悩みの解決につながるコピーにしよう

人は悩んでいることや気になっているものの情報を、無意識に集めてしまうもの。たくさんのチラシがある中、悩みを解決してくれそうな一枚に自然と目が引かれた経験はありませんか?
例えば「子どもを○○大学に行かせたい…」「偏差値に不安が…」と悩む親御さんの家に、

  • ○○大学の合格者数、98名!
  • たった3か月で、偏差値10アップの実績あり!

というキャッチコピーが載った学習塾のチラシが届いたらどうでしょう。悩みを解決してくれそうなこのチラシは、とても魅力的に映るはずです。利用することで得られるメリットを具体的にイメージしてもらえるかどうかが、集客アップのカギになります。

コツその2具体的な数字や実績を入れる

数字が入っていると視認性が上がり、記憶にも残りやすくなるといわれています。例えばエステのチラシで、「ウェスト-5.2cmを実現!」というキャッチコピーがあると、自分のウェストが5.2cm減るイメージが喚起されませんか? 数字が具体的であるほどイメージが湧きやすくなり、信頼性も高くなります。ほかに資格や実績があるなら、キャッチコピーに使ってみましょう。「住宅再生! 1級建築士の○○が、リフォームをお手伝い」「○○○○大賞、3年連続受賞!」などのキャッチフレーズは、サービスや商品を利用してみたいという気持ちを強くさせてくれます。

まとめ

いかがでしたか。タイトルやキャッチコピーは、短い文章だからこそ作るのが大変ですが、うまくお客様の心に響けばチラシの効果を何倍にも高めてくれます。完成したら第三者に見てもらい、感想を聞いてみるのも良いでしょう。目的に応じたタイトル、キャッチコピーで、売上や集客アップを目指してください。

こちらの記事もおすすめ

その他関連サービス

チラシ・フライヤー・ペーパー印刷トップ
ページの先頭へ

クイック ツール