マイページアカウントアイコン
ゲストさん

アクリルフィギュア(アクリルジオラマ)

写真やイラストを立体的に表現。記念品やグッズ制作に。

複数パーツを組み立てて立体感を楽しめるアクリルスタンドです。パーツも自由にデザイン可能。プレート込みのセットなので記念品やイベント販売にも最適。1個から作成可能です。

  • 7日納期・12日納期

  • 1個から作成可能

  • RGBデータ対応

  • 2,000円以上送料無料

  • テンプレート必須商品

  • カットパス必須商品

  • 小(70×90mm)
  • 片面カラー
  • 12日納期
  • 100個ご注文の場合
1個
@483円(税込)

ご注文・価格表(お見積り)はこちら

  • 小サイズ

    サイズ
    70×90mm
    パーツ3点まで

  • 中サイズ

    サイズ
    95×110mm
    パーツ4点まで

  • 大サイズ

    サイズ
    125×180mm
    パーツ6点まで

  • 特大サイズ

    サイズ
    180×250mm
    パーツ8点まで

  • 商品仕様

  • 仕様上のご注意

  • データ作成ガイド

  • よくあるご質問

商品特徴

プレートから複数のパーツを取り外し可能なアクリル製フィギュアセットです。本体部分はもちろん、スタンドやフレーム、ネームプレートなどを自由にデザインし、自由な形にカッティングできます。最大8つのパーツまで作成可能です。

お子さまやペットの写真をプリントすれば、素敵な記念品に。
パーツは最大8点までOK。ジオラマの作成も可能です。
プレート状のセットで、全面デザイン可能です。
接着不要でそのまま組み立てられます。

素材:透明アクリル(3mm 厚)

3mm厚のしっかりとしたアクリルです。切り口は「アイスメルトカット方式」により滑らかな断面です。印刷は高画質な7色(CMYKLcLmLk)印刷で、鮮明かつ濃厚な仕上がりです。両面印刷も可能です。

「アイスメルトカット方式」による滑らかな断面です。
サイズ
  • 小サイズ:70×90mm、パーツ3点まで
  • 中サイズ:95×110mm、パーツ4点まで
  • 大サイズ:125×180mm、パーツ6点まで
  • 特大サイズ:180×250mm、パーツ8点まで

差し込み口の穴のパスはパーツ数には含みません。

サイズ比較のイメージ

納期

7日・12日納期

納期について

部数
  • 1~300個 (小サイズ)
  • 1~250個 (中サイズ)
  • 1~200個 (大サイズ)
  • 1~150個 (特大サイズ)

12日納期の場合

印刷方式

オンデマンド UVインクジェット方式(高画質7色(CMYKLcLmLk)印刷)

納品形態

商品は1点ずつOPP袋に入れてお届けします。輸送中、パーツがバラバラにならないように透明のシールで仮止めした状態で封入します。

OPP袋への個別包装とパーツを仮止めしたイメージ

送料

2,000円以上で送料無料(2,000円未満の場合は、送料500円をご負担いただきます。)

商品仕様上部へ戻る

  • 台座にフィギュアを差し込んで、持ち上げた際に台座からフィギュアが抜ける場合がございます。
    アクリル材の個体差があるため、完全に防ぐことが難しいものとなります。あらかじめご了承ください。
  • カットは1mm程度の誤差があります。あらかじめご了承ください。

仕様上のご注意上部へ戻る

対応アプリケーション・形式

Illustrator(ai)もしくはPhotoshop(psd)~CS6・CC のみ対応

  • PDFやjpgなどの画像データは対応外です。
  • RGBモードのデータも入稿可能です。入稿いただいたデータはCMYKに変換して印刷いたします。

入稿データについて

入稿時にはデザイン、カットパス、ホワイト版データがそれぞれ必要となります。

「表面デザイン」「カットパス」「ホワイト版」は必ずレイヤーに分けて入稿データを作成してください。
両面印刷をご利用の場合は、「裏面デザイン」レイヤーに配置してください。

カットパス 表面デザイン ホワイト版(任意) 裏面デザイン(両面印刷の場合のみ)

データ作成手順

STEP1 テンプレートをダウンロード

テンプレートファイルをダウンロードします。Adobe Illustrator形式もしくはPhotoshop形式ファイルのみ受付可能です。

テンプレートダウンロード

※必ずテンプレートをご利用の上ご入稿ください。

STEP2 「表面デザイン」レイヤーにデザインデータを配置

「表面デザイン」レイヤーにデザインを配置します。
他のレイヤーにデザインを配置しないようご注意ください。

表面デザイン入稿データ

表面デザインレイヤー Adobe Illustrator

表面デザインレイヤー Adobe Photoshop

両面印刷について

両面印刷をご利用の場合は「裏面デザイン」レイヤーにデザインを配置してください。その際、裏面デザインは表面と重なるよう同じ向きで作成してください。表面デザインと裏面デザインがぴったり重ならない場合、綺麗に仕上がりませんのでご注意ください。

裏面デザインデータは左右反転の状態でご入稿ください

文字やロゴも反転させてください

裏面デザインの注意点
裏面は印刷面となりますので、表面とは色の見え方が異なります。
デザインによっては、表面のデザインが透けてしまう場合があります。

STEP3 「ホワイト版」レイヤーに白インク用のデータを配置(任意)

「ホワイト版」レイヤーは、白いデザインを印刷したい場合や、下地に白インクを印刷する場合にご利用ください。

ホワイト版は、必ず黒ベタ(ブラック:100%)で作成してください。

ホワイト版は、0.5pt未満のデザインは再現ができません。消えてはいけないデザインは0.5pt以上でご作成ください。

ホワイト版入稿データホワイト版レイヤー

ホワイト版(白インク)ありとなしの違い

アクリルに印刷するため、色のインクだけでは透けた状態での仕上がりとなります。透けさせないためには、白インクで下地を印刷します。
白インクを下地に印刷した場合、絵柄が目立ちやすく、色鮮やかに表現されます。(左側の写真)
白インクなしで印刷した場合、透明感が増しクリアな仕上がりとなります。(右側の写真)

ホワイト版ありなしの比較イメージ

STEP4 「カットパス」レイヤーにカットパスデータを配置

アクリルをカットするラインが「カットパス」です。
以下の作成規定に従って、パスデータを作成してください。

カットパスを作成する前に、デザインを原寸大のサイズに調整しておいてください。

カットパス入稿データ

【 Adobe Illustratorの場合 】

カットパスはテンプレートの「カットパスレイヤー」に配置してください。

カットパスレイヤー Adobe Illustrator

【 Adobe Photoshopの場合 】

「パス」パレット内の「作業用パス」にてカットパスデータを作成してください。

カットパスの作成方法を詳しく見る

パスパレット Adobe Photoshop

差し込み口とツメについて

差し込み口とツメのパスは、テンプレートのアートボードの下にご用意しております。

形状やサイズを変更せずにご使用ください。変形してしまうと、ツメが差込口に刺さらなかったり、フィギュアが自立しなくなる原因となります。

差し込み口とツメのデータ

【 Adobe Photoshopの場合 】

「パス」パレットにて、「差し込み口・ツメパス(必ず使用)」という名前の作業用パスを選択すると、専用のパスが表示されます。

Photoshopでの差し込み口とツメのデータ

カットパスデータの作成規定

カットパーツ数はご注文サイズによって異なりますので、各サイズの上限点数に収まるようにレイアウトしてください。

小サイズ : 3点まで、中サイズ : 4点まで、大サイズ: 6点まで、特大サイズ : 8点まで

差し込み口のカットパスと外枠のパスはパーツ点数に含みません。図の場合カットパーツ数は3点に該当します。

パーツの数え方イメージ

カットパス同士の間隔は3mm以上離してください。

パス同士の間隔イメージ

カットパス同士の内側/外側、外枠のカットパスとデザインの間は印刷不可領域です。それぞれ2mm以上離してデザインしてください。

カットする際、±1mm程度の誤差が生じます。あらかじめご了承ください。

印刷不可領域のイメージ

差し込み口以外の中抜きカットは、お受けできません。

中抜きカットのイメージ

差込口とツメのパスは、必ず形状やサイズを変更せずにご使用ください。

ツメの「角」部分はそのまま適用してください。角がない場合、接合が緩い等のトラブルの原因となります。

ツメの角部分のイメージ

カットパーツのサイズは20×20mm以上になるようにしてください。

パーツサイズのイメージ

1パーツにつきツメの数は1つでお願いいたします。

ツメの数イメージ

「効果」メニューの「スタイライズ」での角丸は、カットに反映されません。

ご使用の場合、「オブジェクト」メニューの「アピアランスを分割」で実線にしてください。

「スタイライズ」での角丸イメージ
実線での角丸イメージ

カットパスが一筆書きで作成されていない/カットパスが複数に分かれている。

カットパスは必ず一筆書きのクローズドパスで作成してください。始点と終点が異なるオープンパスでは作業ができません。

オープンパス 始点と終点が離れている
クローズドパス 始点と終点が閉じられている

組み立てた際にパーツ同士がぶつからないかどうかのチェックは当社で行っておりません。アクリルの厚み(3mm)とパーツのサイズを考慮して、差込口の位置をご調整いただきますようお願いいたします。

フィギュア本体のカットパスとツメのパスは、合体させた状態でご用意ください。

【 Illustratorの場合 】

合体させたいパスを選択ツールで選択し、パスファインダパレットで「合体」を選択します。

パスファインダーのイメージ

パスファインダーでの合体後イメージ

【 Photoshopの場合 】

ツメとフィギュアのカットパスは、同じ作業用パス内に配置します。合体させたい作業用パスを選択し、ウインドウ上部の「パスの操作」から「シェイプコンポーネントの結合」を選択します。

シェイプコンポーネントのイメージ

パス結合のイメージ

ツメを取り付けた後で、パーツのサイズを変更しないようにご注意ください。ツメのサイズが変わってしまい、フィギュアが差込口に刺さらなくなったり、フィギュアが自立しない要因となります。

データ作成ガイド上部へ戻る

よくお問い合わせいただくご質問

  • 差し込み口とツメは自分で作ってもいいですか?

    差し込み口とツメは、必ずテンプレートのパスをご使用ください。独自に作成されたパスを用いますと、「差し込み口にツメが入らない」「接合が緩い」といったトラブルになりますのでお控えくださいますようお願いいたします。

  • ホワイト版とはなんですか?

    白いデザインを印刷したり、透け防止のため下地に印刷する白インクです。通常、アクリルなど透明な素材に印刷する際、カラーインクだけでは透けた状態の仕上がりになります。透けさせないようにしたい場合、下地に白インクを印刷することができます。当サイトでは、この白インクを「ホワイト版」と呼んでいます。

  • どんな形でもカットできますか?

    複雑な切り抜きは、不可能な場合がありますのでご注文前にお問い合わせください。

  • RGBカラーモードで入稿できますか?

    RGBカラーモードのデータも入稿可能ですが、入稿いただいたデータはCMYKに変換して印刷いたします。

  • カットパスを画像で描いた線で指示しても大丈夫でしょうか? 

    画像で描いた線は受け付けておりません。カットパスはパスデータでのみ受付いたしております。カットパスはIllustratorまたはPhotoshopのパスデータでのご入稿のみ受付可能です。

  • カットパスの色や太さに指定はありますか? 

    特にありません。

  • 差し込み口の穴はカットパスに含めますか? 

    含めません。

  • Photoshopのテンプレートに、ツメと差し込み口のパスが見当たりません。

    ツメと差し込み口のパスはテンプレートの左下の「差し込み口・ツメ」のコーナーにございます。パスパレットにて、「差し込み口・ツメパス(必ず使用)」という名前の作業用パスを選択すると、専用のパスが表示されます。

  • ツメの部分もパーツサイズに含まれますか?

    含まれます。ツメも含めて20×20mm以上の大きさでご作成ください。

  • 組み立てた時にパーツ同士がぶつからないか、チェック時に確認してもらえますか?

    恐れ入りますが、当社ではチェックを行いません。アクリルの厚み(3mm)とパーツのサイズを考慮して、差込口の位置をご調整いただきますようお願いいたします。

アクリルフィギュアに関するよくあるご質問

よくあるご質問(FAQ)

よくあるご質問上部へ戻る

おすすめ関連商品

グッズプリント商品一覧
ページの先頭へ

クイック ツール