マイページアカウントアイコン
ゲストさん

toio(トイオ)用プレイマット・カード印刷

テンプレートやオリジナルデザインで
プレイマットやカードが印刷できる!

toio用プレイマット・
カード印刷

toio用プレイマット・カード印刷のイメージ

株式会社グラフィックは、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントと連携し、
創意工夫を引き出すロボットトイ「toio(トイオ)」に対応するプレイマットの製造販売を展開いたします。

toio(トイオ)とは

つくって、あそんで、ひらめいて。手を動かしてあそぶ。考えながら夢中になる。偶然の発見が、もっともっと!を引き出していく。toio(トイオ)は、“ロボット×あそび”の研究から生まれた、創意工夫を引き出すロボットトイです。toio公式ホームページへ

“toio”および“トイオ”は、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標です。

toio用プレイマット・カード

toioは絶対位置を利用したプログラミングに最適です。インタラクティブなアート作品やロボット工学における自律移動やAIを用いた群制御など、高度な研究開発がtoioで可能になります。

本製品をご利用いただくためには、別途「toioコア キューブ」が必要です。

ご注文はこちらから

既定デザインを注文する

既定のマット2種、カード1種から選んで注文するだけ!
toio Doでプログラムが提供されているものは、お手持ちのtoioですぐ遊べます。

データを入稿して注文する

データを入稿して、自分だけのオリジナルtoio(トイオ)用マットまたはカードが作成できます。

  • 「toioコア キューブ」(キューブ)が動き回るあそび作りに使えるフィールドやコースをオリジナルデザインで作れます。

    〈toio用マットでできること〉
    • キューブがtoio用マットの上の「どこにいるか」がわかります(XY座標・角度が読み取れます)。
    • 座標は約1.5mm単位
    • toio Do」と組み合わせることで様々なゲームやプログラムを作って楽しめます。
    • toioのA3サイズ「簡易プレイマット」と同等の仕様です。
  • 「toioコア キューブ」(キューブ)でタッチしたり上を走らせるあそび作りに使えるカードをオリジナルデザインで作れます。

    〈toio用カードでできること〉
    • ハサミで切り離して小さなカードとして使ったり、6×8のタイルや表として使うことができます。
    • キューブが「どのカードに触れたか」がわかります(カード固有のID・角度が読み取れます)。
    • toio Do」と組み合わせることで様々なゲームやプログラムを作って楽しめます。
    • toioのA3サイズ「簡易カード」と同等の仕様です。

活用例を見る

toioのVisual Programmingをご利用になる場合は、参考仕様ドキュメントの参考情報や注意点をご確認ください。
参考資料をダウンロード

デザインを選んで注文するだけ!
既定デザインのマットやカードでtoioのあそびを楽しもう!

ダンジョン迷路マットの使用イメージ

ダンジョン迷路マット

プログラミングでダンジョン攻略に挑戦しよう!

toioのキューブをタブレットなどの矢印キーやプログラミングで動かし、ダンジョン迷路をクリアしよう!スムーズにクリアできるようになれるかな?!

詳しい遊び方はこちら
遊び方がわかる動画はこちら

コトバハカセカードの使用イメージ

コトバハカセカード

セカイのコトバをあそびながら学べちゃう!

きこえたコトバのカードをキューブでタッチ!
英語はもちろん、中国語やポルトガル語までいろんなコトバで遊べます。プログラムをいじればオリジナルカルタも作れちゃう。

詳しい遊び方はこちら
遊び方がわかる動画はこちら

宇宙マットの使用イメージ

宇宙マット

宇宙をテーマにしたあそびをつくろう!

ゲーム作りやワークショップなどに汎用素材として使える宇宙をモチーフにしたtoio用マットデザイン。自分でプログラムを作って楽しめます。toio Doを使って宇宙にぴったりなあそびを作ってみよう!

toio Doはこちら

用途に合わせて作成したデータを入稿しよう!
オリジナルマットやカードを作ればtoioの使い方は無限大!

学校教材として使用される様子

学校・イベントの教材として

プログラミング教室でのオリジナル教材としてご活用いただけます。生徒さんの興味のあるテーマに合わせたデザインを印刷して、プログラミングをもっと身近で楽しくしましょう。

研究や実験に使用される様子

開発研究・アート作品として

オリジナルデザインや座標を正確に印刷できるマットですので、研究者や学生の方の検証実験やアート作品にも使用可能です。複数枚同時に印刷できることにより大変経済的にご活用いただけます。

toioをカフェメニューに使用する様子

店舗のメニュー・サービスとして

他とは違う個性的なカフェにしてみませんか?各テーブルにtoioキューブとメニューが印刷されたマットをおいてみましょう。キューブで今日の気分や体調を選んでマットにタッチすると、おすすめのメニューを音と光でキューブがお知らせ…そんな演出も可能です!

老人ホームのレクリエーションに使用される様子

シルバー世代向け施設のレクリエーションとして

老人ホームのレクリエーションの一環として、キューブとオリジナルマットで新しい体験を取り入れてみませんか。小さなキューブはお年寄りでも持ちやすいので、マットにあてて音と光でゲームやカルタを楽しみながら、効果的に手と頭をつかうことができます。

入稿データ作成時の注意点

  • ※印刷面のデザインは入稿された内容となります

    マットタイプ

    • キューブが「どこにいるか」がわかります(XY座標および角度が読み取れます)。
    • 座標は約1.5mm単位
    • 「XY座標」の仕様が上記で決まっているため、テンプレートのご利用をお薦めします。
      テンプレートをダウンロード
    • 「XY座標」に対して、印刷面のデザインの向きにご注意ください。

    ご入稿時にマットタイプの「XY座標」とデザインの向きをご確認・調整いただけます。

  • ※印刷面のデザインは入稿された内容となります

    カードタイプ

    • キューブが「どのカードに触れたか」がわかります(固有のIDおよび角度が読み取れます)。それぞれのIDの印刷される位置が決まっているため、テンプレートのご利用をお薦めします。
      テンプレートをダウンロード
    • カードタイプでは位置の取得はできません。
    • お好みにより切り離して使用いただけます。
  • モニターではキレイでもモニターでキレイに表示されているイメージ
  • 印刷すると・・・印刷すると粗い仕上がりになったイメージ

解像度の低い写真は、印刷するとモニターよりも粗い仕上がりになります。入稿画像の解像度は350dpi以上を推奨します。
ご入稿時の確認プレビューでは印刷時の粗い仕上がりの見え方をご確認いただけません。

  • 高解像度(350dpi)
  • 低解像度(72〜150dpi)

本製品は黒インクを使わずに印刷します。

  • CMYK
  • CMY

キューブ裏面の読み取りセンサーでマット/カードに印刷されている特殊な模様(パターン)が読み取れなくなってしまうためです。ご入稿データに含まれるカラー:黒(K)はCMYに置き換えて印刷します。この置き換え処理により、印刷結果(ご入稿データ)の色味が変わります。

  • この処理により、黒(K)が含まれないカラーも色味が変わります。
  • ご入稿時の確認プレビューでは色味の変化をご確認いただけません。

商品仕様

商品名toio(トイオ)用プレイマット・カード
商品特徴toio Do(Visual Programming)」と組み合わせることで様々なゲームやプログラミングが楽しめます
サイズ/色数A3サイズ/片面カラー
用紙コート135kg
納期7日納期(ご入稿日の翌日から7日以内に出荷されます)
納期について
部数10部~1,000部
印刷方式オンデマンド印刷
送料650円(※本商品では部数、商品総額に関わらず、一律で送料をいただきます)

対応するデータ形式

Adobe Illustratorファイル、PDF

使用上のご注意

  • 本製品を使用するにはtoio(別売)が必要です。
  • 本製品は消耗品です。
  • 耐水性はありませんので、使⽤の際は⽔分や汚れがつかないようご注意ください。
  • 保管の際は室温の保たれた湿気のない暗所に平らに置いてください。
  • 折れ目や凹凸があるとキューブが走行できなくなる場合がありますので折らないで使用してください。
  • 鉛筆や黒いサインペン、プリンターの黒インク等、黒やそれに準ずる色の素材で書き込んだり、汚さないようにしてください。
  • toioのVisual Programmingをご利用になる場合は、参考仕様ドキュメントの参考情報や注意点をご確認ください。
    参考資料をダウンロード
  • 入稿画像の解像度は350dpi以上を推奨します。

toio(トイオ)用プレイマット・カードご利用規約

よくあるご質問

  • toioのVisual Programmingとは何ですか?

    toioのVisual Programmingについてはこちらをご参照ください

  • マットが汚れてしまった、またはキズがついてしまった場合でも大丈夫ですか?

    キューブの裏面の読み取りセンサーで、マットに印刷されている特殊な模様(パターン)が読み取れなくなってしまうので、汚さない、またはキズを付けないでください。

  • 商品の上からラミネート加工することは可能ですか?

    薄いラミネートフィルムでラミネート加工を行うことである程度表面を保護し耐久性を向上することができますが、必ず予備のマットを用意してお試しください。なお、厚めのラミネート加工やマットフィルムによるラミネート加工では特殊パターンが読めなくなることがありますのでご注意ください。

  • マットの上に書き込みを行うことは可能ですか?

    マット上に書き込みを行う場合は、顔料インク(ただし黒/カーボンブラックは不可)が適しますが、必ず予備のマットを用意してお試しください。

ページの先頭へ

クイック ツール