ゲストさん

新鳥の子 雪

和風の「鳥の子紙」を再現した柔らかな風合い。質感を追求した使いやすい紙です。

※写真は用紙の色までは再現できません。

用紙の発色・厚み・手触り感はサンプル請求にて用紙サンプルをお取り寄せいただいてお確かめください。

サンプル請求

印刷の豆知識「紙のはなし」

平安時代の頃から雁皮が原料の紙のことを「鳥の子」と呼んでいた記録もあるようです。生成りの紙白が特徴で詠草に写経、公文書など上流層が好んで利用する紙でもあったそう。現代の「新鳥の子」は機械漉きではありますが、和紙の鳥の子を意識した柔らかな風合いと質感を残しつつ、印刷適性を持たせています。高い色再現が求められるような印刷はあまり得意ではありません。紙表面の凹凸もあるので、ちょっとかすれた感じの表現をもっています。より紙白を多くとるような印刷の方が「新鳥の子」の雰囲気をうまく活かせそうな気がします。

ご利用時の注意点

納品後に後加工(製本やペン、プリンタによる印字を含む)などをご検討のお客様は、
かならず紙サンプルにて試用いただき問題ないかどうかご確認の上、ご注文くださいませ。

連量紙厚 / 1枚500枚分備考取扱可能商品
135kg0.270mm約13.5cm

印刷にまつわる、プロならではのお役立ち情報などをお伝えしています。
さらに詳しい用紙の情報が記載されています。

印刷”通”ブログ
ページの先頭へ

クイック ツール