ゲストさん

ホワイト版の作成方法

アクリルグッズやクリアファイル、シール・ステッカーの一部の素材は、色のインク(CMYK版)だけでは透けた状態での仕上がりとなります。透けさせないためには、「ホワイト版」を作成いただく必要がございます。
ここではホワイト版の作成方法と注意点をご紹介いたします。

基本事項

<対応アプリケーション>

  • Adobe Illustratorのアイコン

    Illustrator

  • Adobe Photoshopのアイコン

    Photoshop

  • データ形式:PhotoshopまたはIllustratorのベクターデータ
    ※クリアファイルはIllustratorで作成してください。
  • 始点と終点が閉じた「クローズパス」であること
  • CMYKデータの絵柄よりオフセットすること
  • step1ホワイト版に使用するパスデータを作成

    CMYKデータの絵柄にあわせて、黒ベタ(ブラック:100%)でホワイト版に使用するパスデータを作成します。

    カットパスの作成方法はこちら

    黒ベタ(ブラック:100%)で作成
  • step2パスをオフセット

    作成したパスを選択し、「効果」メニュー→「パス」→「パスのオフセット」でオフセット値を入力します。
    角の形状、角の比率はデータによって調整してください。

    • オフセット値
    • クリアファイル/クリアファイルバッグ/クリアポスター/クリアしおりセット -0.2mm
    • それ以外の商品 -0.1mm

    「オブジェクト」メニューの「パスのオフセット」では、元のパスに対してオフセットされたパスが追加で作成されますので、オフセット前のパスを削除していただく必要があります。

    パスのオフセット値を入力する
  • step3アピアランスを分割する

    オフセットしたパスデータを選択し、「オブジェクト」メニュー→「アピアランスを分割」から分割・拡張します。
    これでホワイト版の完成です。

    アピアランスの分割・拡張を実行する
ページの先頭へ

クイック ツール