ゲストさん
ゲストさん
プロの画像補正

写真撮影の基礎知識|プロが教えるデジカメ撮影テクニック

第5回デジカメの基本操作[ホワイトバランス]

光には色がついている

電球でオート撮影したイメージ

電球でオート撮影

蛍光灯でオート撮影したイメージ

蛍光灯でオート撮影

電球と蛍光灯のミックス光でオート撮影したイメージ

電球と蛍光灯のミックス光でオート撮影

私たちの身の回りにはさまざまな光源があります。太陽、電球、蛍光灯など普段何気なく触れている光。実はそれぞれの光には色がついています。デジカメで商品写真を撮影する時は、どの光源が適しているのでしょうか?

まず太陽光の下では、物は自然な色合いに見えますが、季節や時間帯、また天気によって光の強さや色が変わるので、意外と不安定なものです。
次に電球。オレンジ色の光ですので、すべてのものがオレンジがかって見えます。

そして蛍光灯。これもさまざまな種類・色がありますが、比較的物を自然な色に照らす光源と言えるでしょう。一般的にデジカメは蛍光灯の光と相性がよく、自然な色合いの写真を撮りやすいと言われています。しかし、ここで大切なのは「光源は1種類にする」という鉄則。どのような光の下でも、これから説明する「ホワイトバランス」の設定で色を調節することが可能ですが、複数の光源を使うと色が干渉し合い、調節ができなくなってしまいます。例えば天気のいい日に、室内の窓際で商品撮影をする場合は蛍光灯を消すか、逆に日光の影響を受けないように少し部屋の奥で撮影するほうがいいでしょう。

ホワイトバランス(WB)の設定方法

ホワイトバランスとは、さまざまな色の光源に応じて、被写体が自然な色に写るように調整してくれる機能です。オートで撮影しても、カメラは自動的にある程度の調整をしてくれますが、手動で少し設定を変えるだけでより自然な色の写真を撮ることができます。設定方法は簡単で、撮影時にその光源のマークに合わせるだけ(機種によってマークは異なります)。

  • のイメージ

    オート

  • のイメージ

    晴天

  • のイメージ

    くもり

  • のイメージ

    電球

  • のイメージ

    蛍光灯

  • のイメージ

    蛍光灯2

電球と蛍光灯のミックス光でプリセット撮影イメージ

電球と蛍光灯のミックス光でプリセット撮影

プリセットのアイコンイメージ

プリセット

「プリセット(ニコンなど)」
「マニュアル(キヤノンなど)」
「ワンタッチ(オリンパスなど)」
メーカーにより名称が違うので、ご注意ください。

もっと正確に設定したい場合は、プリセットの機能を使いましょう(機種によって呼び方は異なります)。光源の下で、光の色を被った白いものが、自然な白に写るように「白の基準」を設定する機能です。設定方法は機種によって異なるので、カメラの説明書で確認してください。

写真撮影の基礎知識|プロが教えるデジカメ撮影テクニック

ページの先頭へ

クイック ツール