ゲストさん
プロの画像補正

お問い合わせ先グラフィック 画像管理課

Tel.050-2018-0132

受付時間:午前9時~午後7時30分

土曜日のみ午後6時まで。
定休日:日・祝・12/30~1/4

写真撮影の基礎知識|プロが教えるデジカメ撮影テクニック

第2回デジカメの基本設定

商品撮影はフルオートにまかせるのではなく、カメラの設定を変えて撮ると、一般のデジカメでもきれいな写真を撮ることができます。オートモードで各種設定変更ができない機種では、モードダイヤルをプログラムモード またはマニュアルモードの位置にして各種設定を変えてみましょう。

プログラムモード
マニュアルモード

ご注意

撮影モードの呼び方およびマークの表示は機種によって異なります。詳細はお手持ちのカメラの説明書でご確認ください。

原則としてフラッシュは禁止

暗い場所でも明るい写真が撮れるフラッシュは便利な機能ですが、商品写真の場合は原則として使用しません。フラッシュを使用すると、強い影ができたり、微妙な陰影が飛んで、商品の持つ雰囲気が自然に伝わらないからです。あらかじめ発光禁止モードにしておきましょう。デジカメは、露出の設定によって、室内の蛍光灯程度の光でも十分に撮影可能です。

発行禁止モード
フラッシュ使用撮影イメージ

フラッシュ使用

フラッシュ不使用撮影イメージ

フラッシュ不使用

接写はマクロモードで

宝石やアクセサリーなど小さな商品を撮影するときには、ぐっと被写体に近づいて撮影するケースも多いでしょう。通常のプログラムモードやマニュアルモードではピントが合いにくくなりますので、こんな時はマクロモードに合わせましょう。通常30~40cmの距離から撮影しても、ピントをしっかり合わせることが可能です。

マクロなしの撮影イメージ

マクロなし

マクロモードの撮影イメージ

マクロモード

画像サイズ・画質モードの設定について

デジカメには、画像サイズや画質モードをさまざまに設定できる機能があります。どのようなサイズやモードで撮影すれば良いかは、その写真の用途(印刷物かHPか?大きく使うのか小さく使うのか?)によって決まるので一概には言えませんが、一般的には下記のような設定を参考にしてください。

  • 印刷物に使用する写真→最大サイズ、最高画質で撮影するのが望ましい。「Fine」モード以上をおすすめします。
  • ホームページなど、パソコンで見せるための画像→サイズも画質も中間くらいの設定でOK。「Normal」モードでも十分です。

また、写真を大きく使いたい時ほど、大きな画像サイズ、高画質で撮るようにしましょう。

写真撮影の基礎知識|プロが教えるデジカメ撮影テクニック

ページの先頭へ

クイック ツール