ゲストさん
ゲストさん

加工オプション

グラフィックビジョン

280線の高精細印刷。

ー オフセット商品限定オプション ー

210線の標準印刷を280線にグレードアップ

  • 280線の高精細出力で細部を緻密に描写できるのでより質感を正確に表現できます。
  • 網点が細かいことにより従来のにごりやざらつき感はほとんど感じられません。
  • グラデーションも網点がほとんど見えず滑らかです。
  • 干渉モアレやロゼッタモアレなども肉眼ではほとんどわかりません。

追加料金

印刷料金の10%が追加料金として加算

オプション対応商品

一部の用紙につきましては、無料でグラフィックビジョンをご利用いただけます。
注文導線の「オプション選択」ステップでご確認いただけます。

ハイエンドデジタル印刷機の対象となる商品に【グラフィックビジョン】を追加された場合は、最新のデジタル技術による擬似網点で280線印刷を再現します。ハイエンドデジタル印刷機の対象商品はこちらでご確認ください。

高精細280線印刷が標準仕様の商品

オプションを追加いただく必要はございません。

A1、B1サイズは対象外

  • 一部の特厚紙と一部の商品につきましては、210線で印刷させていただきます。
  • ハイエンドデジタル印刷機の対象となる商品につきましては、最新のデジタル技術による擬似網点、または細部の再現性を向上させるため網点ではなくランダムに配置された小さなインキの点の密度で階調を表現するFMスクリーンで印刷しております。
    ハイエンドデジタル印刷機の対象商品はこちらでご確認ください。

最新鋭システムにより実現した高精細印刷

印刷物をルーペでのぞいてみると、4色印刷なら4色のインキの点が見えます。決してデジタル画像を拡大したようには見えません。これを網点(あみてん)といいます。一般的なカラー印刷のスクリーン線数は175線です。当社では「グラフィックビジョン」以外は210線を標準としております。当社の紙サンプルでもご確認いただけますが、よく見ると、肉眼でも網点が見えてしまいます。網点を肉眼でも目立たないように小さくすれば写真並みの高画質で印刷できることになります。ところが技術的には、そう簡単にはできません。

それでも粘り強く検証印刷を重ねていき、最新のサーマルCTPレコーダや印刷機を次々と導入して、ついに一般の印刷物と同じ価格帯でご提供できるようになりました。試行錯誤を繰り返したことで手に入れたノウハウ・技術なくしては実現できなかった、この高品質印刷を「グラフィックビジョン」と名付けました。当社の「サーマルCTP」「イメージコントロールシステム」といった最新鋭のシステムによるワークフローでこそ実現できた高精細印刷「グラフィックビジョン」。この新技術を国内でも指折りの格安・短納期でご提供できる最大の理由は、当社が受注から商品発送までの全工程を社内ネットワークシステムにより一貫管理しているからです。

一般的な印刷品質 グラフィックビジョン

一般的な印刷品質 グラフィックビジョン

加工オプション一覧
ページの先頭へ

クイック ツール