ゲストさん
ゲストさん
プロの画像補正

色を見る時の基礎知識|印刷とモニターの色あわせ

Vol.3Adobe製品のカラー設定

今回はAdobe製品のカラー設定について解説します。印刷データ作成時によく使われるAdobe PhotoshopとIllustratorのカラー設定を行います。モニター調整が正しく表示されていても、アプリケーション側の設定が間違っていると色の表示が変わってしまいます。

Photoshopのカラー設定

「編集」→「カラー設定」を呼び出してください。推奨設定は以下の通りです。

  • [設定]プリプレス用-日本2

    「プリプレス用-日本2」は、日本の印刷標準色のISO規格「Japan Color」に沿ったオフセット印刷用のプロファイルである「Japan Color 2001 Coated」が組み込まれたプリセットです。当社オリジナルカラーチャートもJapan Colorに準拠した仕上がりとなっています。

  • [RGB]Adobe RGB(1998)
  • [CMYK]Japan Color 2001 Coated
Photoshopのカラー設定

※該当のカラープロファイルがない場合は、Adobeのダウンロードページからダウンロードできます。

https://www.adobe.com/jp/downloads/other-downloads.html

Illustratorのカラー設定

「編集」→「カラー設定」を呼び出してください。推奨設定は以下の通りです。

  • [設定]プリプレス用-日本2

    「プリプレス用-日本2」は、日本の印刷標準色のISO規格「Japan Color」に沿ったオフセット印刷用のプロファイルである「Japan Color 2001 Coated」が組み込まれたプリセットです。当社オリジナルカラーチャートもJapan Colorに準拠した仕上がりとなっています。

  • [RGB]Adobe RGB(1998)
  • [CMYK]Japan Color 2001 Coated
Illustratorのカラー設定

※該当のカラープロファイルがない場合は、Adobeのダウンロードページからダウンロードできます。

https://www.adobe.com/jp/downloads/other-downloads.html

また、Adobe Creative Suiteには、Adobeアプリケーション間のカラー設定を一括で同期できるAdobe Bridgeというソフトが同梱されていますので、ご活用ください。

「編集」メニュー→「CreativeSuiteのカラー設定」

Adobe Creative Suiteのカラー設定

色を見る時の基礎知識|印刷とモニターの色あわせ

ページの先頭へ

クイック ツール