ゲストさん

年賀状の豆知識

- 年賀状1枚で印象が変わる!?年賀状情報をお届け -

海を越える「あけましておめでとう」
海外に年賀状を送ってみよう!

2018.11.5

お正月に届く年賀状は、日本の風物詩。最近はメールやLINE、SNSなどで挨拶を済ませる人が増えてきました。それでもポストを覗いたときに年賀状が入っていると、やはり嬉しい気分になりますよね。そんな年賀状を、実は海外にも送ることができるんです。
日本を離れて勉強や仕事に励んでいる家族や、国外でお世話になった友人に年賀状を送ってみてはいかがでしょう。きっと喜ばれるはずですよ。

デザインを選ぶだけ!誰でも簡単に注文できる!年賀状印刷

どうやって送ればいいの?

海外へ届けるには、エアメール(航空便)を使うのがおすすめです。海外に送るとなると郵送料が高いイメージですが、はがきであれば70円分の切手で送ることができます。年賀はがきには最初から62円分の料金が含まれているので、差額8円分の切手を貼ればOKです。
ちなみに「お年玉くじ」の部分や「年賀」の部分はそのままで問題ありません。もちろん当たったお年玉くじは、はがきを日本まで持ってくると景品と交換できますよ。

宛先の書き方

エアメールを利用する場合は、はがきを横にして宛名を書きます。以下の5つのステップで宛先などを記入しましょう。

エアメールの宛名例
  • 1上部の空白に「POST CARD」と記入

  • 2送り主の名前と住所を左上に記入

    名前と住所はすべて英語、または現地で通用する言語で記入します。住所を書く順番は日本とは逆に、部屋番号や番地などから書きましょう。最後にJAPANと自国の名前を書きこむことも忘れずに。

    例)
    〒612-8395
    京都府京都市伏見区下鳥羽東芹川町33
    山田太郎

    FROM
    Taro Yamada
    33, Shimotoba Higashiserikawacho,
    Fushimi-ku Kyoto-shi, Kyoto, 612-8395, Japan

  • 3送り先の名前と住所を右下に記入

    送り主と同じ言語で記入しましょう。

  • 4空白に「AIR MAIL」と記入

  • 5切手が貼ってあるか確認する

    これで準備完了です。あとは通常のはがきを出すときと同様に、ポストに投函するか郵便局の窓口に持っていけばOKです。ポストに入れる場合は、年賀状用の投函口でなく、通常郵便物の投函口に入れるよう注意しましょう。

いつ頃までに送る?

海外では、日本のようにお正月に挨拶文を届ける習慣がほとんどありません。(ちなみにアメリカではクリスマスカードを送り、クリスマスと新年を一緒に祝います)
1月初旬に届けたい場合は、郵便局のホームページでお住まいの地域から海外のお届け先への配達日目安を確認し、逆算して出すといいでしょう。
例えば京都からニューヨークに送る場合は10日かかるので、12月22日あたりに投函すると元日前後に届きます。
※あくまでも目安なので、前後する可能性があります。

郵便局 国際郵便 料金・日数を調べる
https://www.post.japanpost.jp/cgi-charge/

どんなデザイン、文例がいい?

海外に年賀状を送る場合は、やはり和風のデザインがおすすめです。送る相手が日本人の場合は懐かしさを感じてもらえるでしょうし、外国人にはオリエンタルな雰囲気を味わってもらえます。漢字を格好良く感じることも多いそうなので、「迎春」や「謹賀新年」などの文字が入っていたり、漢字をデザインモチーフとして大きく扱っていたりするものも喜ばれるでしょう。

外国人にとって、年賀状という文化は未知のもの。文章などで年賀状の説明をぜひ一緒に添えてあげてください。
意味を伝えることで、一層日本の年賀状文化に親しんでいただけるはずです。

年賀状のデザインのイメージ

英語でのあいさつ文例

Happy New Year.
(新年あけましておめでとう)
Thank you for your kindness last year.
(旧年中はお世話になりました)
I look forward to seeing you.
(また今年もお目にかかれることを楽しみにしています)

最後に

せっかく海外に送るのですから、クオリティの高い年賀状を作りたいもの。デザインや印刷にもこだわりたいですよね。
インターネットを利用した印刷サイトでは、デザイナーが作ったオシャレなデザインテンプレートが用意されているので、簡単にオリジナルの年賀状が注文できます。小枚数から注文可能ですので、海外の友人用に少しだけ印刷したいという方にもぴったりです。

「イラストや文字を選んでイチから作るのって難しいなあ」と思った方におすすめなのが、スマホの年賀状作成アプリ「かんたん年賀状2019」。賀詞などの言葉がテンプレートに入っているので、気に入ったテンプレートを選ぶだけで年賀状が作れます。「今年の年賀状は楽して作りたい!」という方はぜひスマホでアプリをダウンロードしてみてくださいね。

かんたん年賀状2019のダウンロードはこちら

ぜひ素敵な年賀状を作って、世界中に住む友人たちを驚かせてみてください。

高品質デザインテンプレート多数ご用意!年賀状印刷
ページの先頭へ

クイック ツール