ゲストさん

印刷はじめてガイドポストカードを作ってみよう!

作成編レッスン04

文字やオブジェクトを配置しよう!

続いて文字や図形をレイアウトしていきましょう。
デザインの完成まであと少しです!

文字やオブジェクト配置のイメージ

文字やオブジェクトを配置しよう

1文字の配置

「テキストルツール」テキストツールのアイコンで入力し、文字パレットでフォントやサイズを選びましょう。

2図形(オブジェクト)の配置

「長方形ツール」長方形ツールのアイコンなどの図形描画ツール、「直線ツール」直線ツールのアイコン、また自由な形や線を作成できる「ペンツール」ペンツールのアイコンなどを使って、デザイン要素を追加していきましょう。

文字やオブジェクトを配置したイメージ

文字やオブジェクトに色をつけよう

フルカラー印刷なら→CMYK

カラーパレットの「CMYK」で色を設定しましょう。CMYKの値(%)が大事!4つのスライダーを動かしたり、直接数値を入力します。印刷したらどんな色になるか、カラーチャートも参考に見てみましょう。

CMYKモード

モノクロ印刷なら→グレースケール

カラーパレットの「グレースケール」で色を設定しましょう。0%は白色、100%は黒色、その間を調整するとグレーになります。モノクロ印刷のときは、CMYはすべて0%にしておきましょう。

グレースケールモード
チェック

カラーチャートは、CMYKの値(%)がどのように印刷されるか確認できる見本。サンプル請求から無料でお取り寄せできます。

サンプル請求
カラーチャートのサンプル

「塗り」と「線」の違い

色をつけるときには「塗り」と「線」2つの設定があり、それぞれ別の色をつけることができます。色を「なし(透明)」にしたいときは、カラーパレットで斜線を選びます。

線のみ 塗りのみ 塗りと線

線は「線」のみに色をつけて、線幅を設定しよう!

「塗り」のみに色をつけた線は「ヘアライン」と呼ばれ、画面ではある程度の太さに見えてしまいますが、印刷するとほとんど見えなくなってしまいます。

  • NG

    ヘアライン

  • OK

    0.25ptの線

ポイント

線幅は必ず設定しましょう!

図のような表組みを作る場合、線設定は一番細い線でも、0.25pt以上がおすすめです。

表組み

表組みの例
デザイン完成のイメージ

デザインが完成したら、入稿の準備をしてデータを送りましょう。

入稿準備編レッスン05スクリーンショットを撮ろう!

メニュー

入稿ガイドトップ
ページの先頭へ

クイック ツール