ゲストさん

印刷はじめてガイドポストカードを作ってみよう!

作成編レッスン02

画像を準備しよう! ~後編~

画像準備のイメージ

カラーモードを変換しよう!

デジカメで撮影した画像はRGBカラー。印刷の注文に合わせたカラーモードに変換しておきましょう。

  • フルカラー印刷

    CMYKカラーモードCMYKカラーモードのイメージ

  • モノクロ印刷

    グレースケールモードグレースケールモードのイメージ

RGBカラーモードにはCMYKカラーモードで再現できない色があり、変換時に色がくすんでしまうことがあります。

オンデマンド印刷の追加オプション

  • RGBデータ入稿

    RGBカラーモードRGBカラーモードのイメージ

  • ビビッドカラープリント

    RGBカラーモードRGBカラーモードのイメージ

RGBカラーの鮮やかさをできるかぎり再現するオプションです。変換せずにRGBカラーモードのまま画像を保存しましょう。

ビビッドカラープリントの詳細はこちら

カラーモードの変換方法

〈 フルカラー印刷の場合 〉

1Photoshopで画像を開きます。

2「イメージ」メニュー →「モード」→「CMYKカラー」を選びます。

3タイトルバーを確認し「CMYK」となっていればOKです。

RGBカラーモードの状態
CMYKカラーモードになった状態

〈 モノクロ印刷の場合 〉

1Photoshopで画像を開きます。

2「イメージ」メニュー →「モード」→「グレースケール」を選びます。

3次のようなアラートが出たら「OK」を押します。

カラー情報破棄の確認アラート

4タイトルバーを確認し「グレー」となっていればOKです。

RGBカラーモードの状態
グレースケールモードになった状態
ポイント

おすすめのカラー設定はこれ!

「カラー設定」は、カラーモードを変換したときの色を左右する大事な設定。設定は必ず確認しておきましょう。おすすめはこちら。

「編集」メニュー → 「カラー設定」
【設定】
プリプレス用-日本2
【RGB】
Adobe RGB(1998)
【CMYK】
Japan Color 2001 Coated
おすすめのカラー設定

画像を保存しよう

画像の編集が終わったら「別名で保存」しましょう。
様々な保存形式がありますが、おすすめは「PSD」または「EPS」です。

「PSD保存」

Photoshopの標準保存形式。透明効果やレイヤーを保ったまま保存できますが、安全のためレイヤーは結合しておきましょう。

[ レイヤーの結合方法 ]

「レイヤー」メニュー → 「レイヤーの結合」

「EPS保存」

印刷画像のスタンダード。安定性が高い保存形式ですが、透明効果を保ったまま保存できません。

【EPSの保存オプション】

プレビューMacintosh(8 bit/pixel)
WindowsはTIFF(8 bit/pixel)
エンコーディングJPEG - 最高画質(低圧縮率)

チェックボックスはすべてオフ

チェックボックスをオンにすると、出力時のCMYK値が変わったり、グレースケール画像がCMYK4色に変換されることがあります。

EPSオプションのウィンドウ
ポイント

「JPG保存」にご注意!

一般的に使われることが多い保存形式の「JPG」。デジカメの写真も「JPG」で保存されていることがほとんどですが、「JPG」は保存を繰り返すたびに画質が落ちるので、印刷での使用はおすすめできません。

メニュー

入稿ガイドトップ
ページの先頭へ

クイック ツール