ゲストさん

アプリケーション別ガイドAdobe Photoshop

必須チェックポイント

Check1:サイズ

注文サイズで作成されていますか?

ご注文に応じた仕上がりサイズで作成してください。

仕上がりサイズ一覧

当社にて拡大・縮小は行っていません。等倍サイズで作成してください。
展開サイズで作成してください(冊子印刷、糊綴じパンフレットは見開きで作成してください)。

Photoshop入稿のサイズ設定

データサイズを仕上がりサイズ+6mmに設定してください。
上下左右3mmが塗り足しとして断裁される部分になります。

塗り足しOKとNG(Photoshop)

Photoshopにはトンボを作成する機能がありませんので、仕上がり位置にガイドを作成してください。
また変型サイズの場合は、入稿時の指示欄などで、仕上がりサイズをご指示ください。

仕上がりサイズ+6mmに設定仕上がり面、塗り足し(3mm)、仕上がり位置ガイド

※一部、当社Illustratorテンプレートの使用が必須となる商品がございます。Photoshopデータでのご入稿には原則対応しておりませんので、Illustratorをお持ちでない場合はあらかじめご相談ください。

新規ドキュメント作成手順

Photoshopでの新規ドキュメント作成手順を、仕上がりサイズA4縦(210×297mm)を例にご説明します。

1「ファイル」メニュー→「新規」で次のように設定してください。

216 mm(仕上がりサイズ210mm+左右の塗り足し6mm)

高さ

303 mm(仕上がりサイズ297mm+上下の塗り足し6mm)

解像度

350~400 pixel/inch

印刷用の適正な解像度は350~400dpiとなります。

画像ファイルの解像度
カラーモード

CMYKカラー 8bit(カラー印刷の場合)

グレースケール 8bit(モノクロ印刷の場合)

※Photoshop Elementsをご使用の場合は、CMYKカラーを選択できません。
カラー印刷ではRGBカラーを選択してください。

RGBカラーモードで作成された場合
カンバスカラー

任意

新規ドキュメント作成のイメージ

2上下左右3mmの位置に仕上がり位置のガイドを作成してください。

ガイドの作成

A4の場合、左を基準として、3mmと213mmの位置に縦のガイドを、上を基準として、3mmと300mmの位置に横のガイドを作成します。

ガイドを作成したイメージガイドの端のイメージ

3ガイドを基準にレイアウトしてください。

ガイドが断裁位置になりますので、ガイド付近へのレイアウトにはご注意ください。

断裁ずれに注意
<仕上がりサイズの確認>

「イメージ」メニュー→「カンバスサイズ」で仕上がりサイズの幅と高さを入力し、中央基準で切り抜くと、仕上がりイメージを確認できます。

※確認後は必ず「編集」メニュー→「取り消し」や「ヒストリーパレット」で切り抜き前の状態に戻してください。そのまま作業を続行されると、塗り足しがなくなってしまいます。

仕上がりサイズの確認方法

テンプレートを読み込む場合

IllustratorのテンプレートをPhotoshopで開く際は、ラスタライズ設定をする必要があります。「サイズ」は変更せず、「解像度」を印刷適正解像度(350~400dpi)、「モード」をCMYKカラー(カラー印刷の場合)かグレースケール(モノクロ印刷の場合)に設定してファイルを開き、トンボを基準にレイアウトしてください。

ラスタライズの設定

必須チェックポイント全てご確認ください

アプリケーション別ガイドへ戻る

関連リンク

印刷に関する注意点

データ作成時の注意点

ページの先頭へ

クイック ツール