アプリケーション別ガイドAdobe Illustrator

必須チェックポイント

Check1:サイズ

注文サイズで作成されていますか?

ご注文に応じた仕上がりサイズで作成してください。

仕上がりサイズ一覧

当社にて拡大・縮小は行っていません。等倍サイズで作成してください。

展開サイズで作成してください(冊子印刷、糊綴じパンフレットは見開きで作成してください)。

テンプレートを使って作成する場合

定型サイズは各種テンプレートをご用意しています。
また一部の商品につきましては必ず当社テンプレートをご使用ください。

テンプレートダウンロード

テンプレートを使わない場合

テンプレートを使用されない場合や変型サイズの場合は、仕上がりサイズのトンボを作成してください。
コーナートンボの内側の線を結んだ範囲が仕上がりサイズとなります。
外側の線を結んだ範囲が塗り足し込みのサイズとなります。

トンボと塗り足し塗り足し(赤枠部分) 仕上がり線

トンボの作成手順

1仕上がりサイズ一覧からサイズを確認してください。

2「長方形ツール」で仕上がりサイズのボックスを作成します。

長方形ツールでボックスを作成するイメージ

3作成したボックスの塗りと線の色設定を「なし」にします。

ボックスの塗りと線の色設定

4ボックスを選択した状態で次の操作を実行してください。

<CS4~CS6・CCの場合>

「効果」メニュー → 「トリムマーク」 → 「オブジェクト」メニュー → 「アピアランスを分割」

<~CS3の場合>

「フィルタ」メニュー → 「クリエイト」 → 「トリムマーク」

※ CS5~CS6・CCは「オブジェクト」メニュー → 「トリムマークを作成」でもトンボ作成可能です。

アートボードでレイアウトされる場合

新規ドキュメント作成時のアートボードサイズを、仕上がりサイズに設定してください。

  • アートボードを基準にレイアウトされる場合も、仕上がり位置を示すトンボは作成してください。仕上がり位置基準としてトンボが優先されますので、アートボードとトンボの位置がずれないようご注意ください。
  • PDF入稿される場合は必ず仕上がりサイズのアートボードを基準にレイアウトしてください。

必須チェックポイント全てご確認ください

アプリケーション別ガイドへ戻る

関連リンク

データ作成時の注意点

ページの先頭へ

クイック ツール