ゲストさん

アプリケーション別ガイドAdobe Illustrator

データ作成時の注意点

サイズ ガイドを活用しよう

ガイドとは、通常青い線で表示され、レイアウトする範囲を示したり、オブジェクトを並べたりする時の目安として利用される、印刷されない線です。

自由に表示・非表示を切り替えておくことができ、表示したまま入稿しても問題ありません。加工指示を作成する際にもご活用ください。

ガイドのイメージ

ガイド作成法1

1「表示」メニュー→「定規」→「定規を表示」

2定規にカーソルを合わせ、ドラッグをして所定の位置で離してください。
上の目盛りからドラッグすると水平のガイド、左の目盛りからドラッグすると垂直のガイドが作成できます。

水平のガイドと垂直のガイド

ガイド作成法2

1ガイドにしたいオブジェクトを作成します。

2オブジェクトを選択し、「表示」メニュー→「ガイド」→「ガイドを作成」

オブジェクトの選択
ガイドを作成

ガイドの操作

表示・非表示の切り替えなど、ガイドの操作はすべて「表示」メニュー→「ガイド」の中から行なえます。

  • ガイドの解除(元のオブジェクトに戻す)
  • ガイドの表示/非表示
  • ガイドのロック/ロックを解除する
  • ガイドを消去する
ガイドの操作

ガイド活用例

ガイドを活用して、仕上がり位置・塗り足し・文字などの配置範囲(セーフティー)を作成すると、レイアウト作業の目安とすることができます。テンプレートにはあらかじめガイドが作成されていますので、ご利用ください。

1仕上がり罫を作成

2仕上がり罫を3mmオフセットして(「オブジェクト」メニュー→「パス」→「パスのオフセット」)塗り足しの範囲を作成

塗り足し範囲を作成

3仕上がり罫を-3mmオフセットしてセーフティー作成

セーフティーの作成

4作成した3つのオブジェクトを選択してガイドを作成

仕上がり罫のオブジェクト塗り足しのオブジェクトセーフティーのオブジェクトガイドの完成
アプリケーション別ガイドへ戻る
ページの先頭へ

クイック ツール