ゲストさん

アプリケーション別ガイドAdobe Illustrator

必須チェックポイント

Check4:グレースケール

1色刷り面はグレースケールで作成されていますか?

ブラック(K)1色刷り面はグレースケール(CMYKのK版のみを使用した色指定)で作成してください。

配置する画像はPhotoshop等で、グレースケールモードに変換してください。

CMYKで表現された黒/グレー、RGBモードで作成された黒/グレー、レジストレーションカラーは一見モノクロですが、CMYK4色のデータとなり、グレースケールとはなりません。

【OK】の場合

  • グレースケールの状態

    グレースケール

  • CMYKのKのみで指定された状態

    CMYKのKのみで指定

【NG】の場合

  • CMYKの状態

    リッチブラックなどは一見黒に見えますが、CMYK4色で指定されています。

  • RGBの状態

    RGBモードで作成された黒はCMYK変換で4色になります。

  • レジストレーションカラーの状態

    レジストレーションカラーは4色ベタ、CMYKすべて100%の状態となります。

グレースケール変換手順(Illustrator)

4色で作成されたデータを一括でグレースケールに変換することができます。
パターンやグラデーション、アピアランス効果によってはグレースケール変換できないことがあります。

画像は埋め込みで配置された画像のみ変換可能です。

1ロックがかかっているところがないか確認してください。

レイヤーのロックを解除レイヤーパレットで鍵がかかっていない状態にします。
オブジェクトのロック「オブジェクト」メニュー→「すべてをロック解除」
選択できない場合は、ロックがかかったオブジェクトはありません。

レイヤーのロック解除

レイヤーのロックを解除

オブジェクトのロック解除

オブジェクトのすべてをロック解除を選択

2「選択」メニュー→「すべてを選択」、もしくは該当部分を「選択ツール」にて選択してください。

3「フィルタ」メニュー→「カラー」→「グレースケールに変換」(~CS2)
「編集」メニュー→「カラーを編集」→「グレースケールに変換」(CS3~)

変換結果はIllustratorに依存します。変換結果をよくご確認ください。十分な変換結果を得られない場合は、個別に色指定をご調整ください。特に画像の変換では大きく色みが変わることがあります。Photoshopでグレースケール変換を行なってから配置されることをおすすめします。

Photoshopなどグレースケール変換可能な画像編集ソフトをお持ちでない場合は、Illustratorで配置画像を埋め込んで、上記手順に沿ってグレースケール変換されるか、RGB>CMYK変換サービスをご利用ください。

RGB>CMYK変換サービスのアイコンRGB>CMYK変換サービス

<注意>

一度グレースケールで保存すると元のカラーの状態には戻せません。別名で保存するか、ファイルのバックアップをとってからグレースケール変換してください。

配置画像のグレースケール変換手順(Photoshop)

ブラック(K)1色刷り面に使用される画像は、Photoshopでグレースケールモードに変換してください。

グレースケールモードの時の表示

1「イメージ」メニュー→「モード」→「グレースケール」

2レイヤーを結合されてない場合、以下のアラートが出る場合があります。「結合しない」をお選びいただいても、グレースケールモードに変換することは可能ですが、変換結果をよくご確認ください。

レイヤー結合せずに変換する際のアラート

3「カラー情報を破棄しますか?」というアラートがでますが「OK」を選択して続行してください。

グレースケール変換によりカラー情報を破棄するアラート

4グレースケールモードに対応した画像形式で保存してください。[psd/eps/tiff/jpg]
元のリンク画像から画像形式やファイル名を変えられた場合は、Illustratorで画像を再配置する必要があります。グレースケールモードに対応していない画像形式[bmp/gif]で保存されると、インデックスカラーモードとなり、CMYK変換結果は4色となりますのでご注意ください。

グレースケールの確認

<グレースケールの確認の前に>

「ファイル」メニュー「ドキュメントのカラーモード」が「CMYKカラー」になっているかご確認ください。

分版プレビュー(CS4~)

IllustratorCS4以降では「分版プレビュー」パレットを使用してグレースケールで作成されているか確認することができます。

1「ウィンドウ」メニュー→「分版プレビュー」

分版プレビューのウィンドウ分版プレビューのイメージ

2オーバープリントプレビューにチェックを入れ、Black版を非表示にします。

オーバープリントプレビューにチェックを入れ、Black版を非表示にした状態

3OKの場合→何も表示されない状態になります。

グレースケールで作成されている場合のプレビュー

NGの場合→Black版以外を使用して作成されている部分の表示が残ります。

グレースケールで作成されていない場合のプレビュー

画像書き出し

Illustratorから画像を書き出し、Photoshopで確認します。

1配置されている画像はすべて埋め込みにします。

2「ファイル」メニュー→「書き出し」

3名前、保存場所を指定、「フォーマット」は「TIFF(tif)」を選んで「書き出し」ます。

「TIFFオプション」

カラーモードCMYK
解像度200dpi(解像度を上げれば精度は高くなりますが、書き出しに時間がかかります。)
TFFオプションでカラーモードCMYK、解像度200dpiを指定

4保存されたTIFFをPhotoshopで開き、「チャンネル」パレットで「ブラック」を非表示にして何も表示されない状態になればOKです。

ブラックを非表示にした状態

PDF出力プレビュー(CS~)

IllustratorCS以降でPDF入稿に対応したPDFを作成いただき、Acrobat Professionalの出力プレビューで確認します。書き出したPDFはそのままご入稿データとしてご利用いただけます。

1PDF作成の手順は「PDF入稿ガイド」をご参照ください。

2PDFをAcrobat Professionalで開きます。

3「アドバンスト」メニュー→「印刷工程」→「出力プレビュー」

4同様に「プロセスブラック」を非表示にして何も表示されない状態になればOKです。

プロセスブラックを非表示にした状態

必須チェックポイント全てご確認ください

アプリケーション別ガイドへ戻る

関連リンク

データ作成時の注意点

ページの先頭へ

クイック ツール