ゲストさん

アプリケーション別ガイドAdobe Illustrator

データ作成時の注意点

グレースケール グレースケール変換できないオブジェクト

Illustratorの「グレースケールに変換」では、変換できないオブジェクトがあります。ご使用の際はご注意ください。あらかじめこれらのオブジェクトはグレースケールで作成されることをおすすめします。

以下の機能はCS2までの「フィルタ」メニュー→「カラー」→「グレースケールに変換」が適用されません。

パターン

パターンが適用されたオブジェクトを選択し、「オブジェクト」メニュー→「分割・拡張」にて、個別のオブジェクトに変換してから、「グレースケールに変換」をおこなってください。

分割・拡張 グレースケールに変換

グラデーション

「グラデーションパレット」で個別に色を選択し、それぞれの色を「カラーパレット」のオプションメニューで「グレースケール」に変更してください。

個別に選択した色をグレースケールに変換

アピアランス(効果、グループの塗り)

アピアランスとは、ドロップシャドウ、ぼかし、光彩などの効果や、グループに対して設定された色設定などのことです。「オブジェクト」メニュー→「アピアランスを分割」をしたあとに、「グレースケールに変換」をおこなってください。

アピアランスを分割

グレースケールに変換

アピアランス分割前のアピアランスパレットアピアランス分割後のアピアランスパレット

以下の機能はCS3~の「編集」メニュー→「カラーを編集」→「グレースケールに変換」が適用されません。

レジストレーションカラー(CS3~)

個別に選択して、色設定を変更してください。

レジストレーションカラー(C100 M100 Y100 K100)はトンボ(トリムマーク)でのみ使用される色設定です。他のオブジェクトに設定されると、4ベタとなり、印刷上のトラブルを引き起こす原因になりますので、トンボ以外で使用されないよう、十分ご注意ください。

4ベタに注意しようレジストレーションカラーのカラーパレット
アプリケーション別ガイドへ戻る
ページの先頭へ

クイック ツール