特定商品の注意点ホワイト版データ作成の注意点

白インクを効果的に使うことで、絵柄が目立ちやすく、色鮮やかに表現されます。

透明のPPシートに印刷するため、色のインクだけでは透けた状態での仕上がりとなります。透けさせないためには、白インクで下地を印刷します。白インクを下地に印刷した場合、絵柄が目立ちやすく、色鮮やかに表現され、白インクなしで印刷した場合、透明感が増しクリアな仕上がりとなります。

下地にホワイト版を使用しない場合
下地にホワイト版を使用しない場合
下地にホワイト版を使用した場合
下地にホワイト版を使用した場合

CMYKのみで印刷した場合、左のように、紙の色が透けて、写真や色の再現性は低くなります。通常のインキ色を再現されたい場合は、右のように、CMYKの下にホワイト版(K100%データ)を刷ることによって、きれいな発色が可能になります。

ホワイト版を使用しない場合でも印刷は可能なため、データ自体に問題はありません。よって、データチェック時にご連絡はいたしませんので、仕上がりイメージを十分にご確認の上、ご入稿ください。

該当商品:「クリアファイル」「クリアファイルバッグ」「クリアポスター」「クリアしおりセット」

ご準備いただくもの

  • レイアウトソフトはIllustratorのみの対応とさせていただきます。(当社対応フォント以外は全てアウトライン作成を行ってください)
  • ホワイト版では画像(ビットマップデータ)を使用しないでください。
  • CMYKデータと別ファイルにてホワイト版を作成してください。CMYKデータと同座標の全体トンボを作成の上、K100%(べた塗り)で作成してください。
  • 入稿データに出力見本(印刷原稿、ホワイト版)を添付してください。出力見本はデータチェック時に参考にさせていただきます。但し、細部までのチェックや文字校正は行いません。体裁の確認として使用します。
  • K100%ベタ塗りについてはこちらをご覧ください。

・CMYK版

CMYK版データのイメージ

+

・ホワイト版

ホワイト版データのイメージ

ホワイト版の作成方法

ホワイト版の絵柄はCMYKデータの絵柄より「-0.2mm」オフセットしてください。

CMYKデータ ホワイト版

PP素材の特性上印刷時に伸縮が起こります。そのためホワイト版の絵柄とCMYKの絵柄が同じ大きさで作成されていると、ズレによって下にあるホワイト版の絵柄が見えてしまいます。

小さな文字や細い線はズレの影響が目立ちやすいため、次のような場合はホワイト版を作成せずCMYKのみで印刷することをおすすめします。

<オフセットするとかすれたり、ほとんど消えてしまう場合>

オフセットでかすれてしまう小さな文字見本 オフセット前

オフセットでかすれてしまう小さな文字見本 オフセット後

<オフセットできない場合>

0.1mmの線

オフセットの効果なし

0.1mmの細い線など、オフセットを実行しても元の太さのままデータが残ってしまいます。

作成手順

1CMYKデータの絵柄にあわせてK100%でホワイト版の絵柄を作成します。

2「効果」メニュー→「パス」→「パスのオフセット」でオフセット値に「-0.2mm」を入力します。角の形状、角の比率はデータによって調整してください。

オフセット値調整のイメージ

3「オブジェクト」メニュー→「アピアランスの分割」

  • Illustrator8をご使用の場合は「オブジェクト」メニュー→「パス」→「パスのオフセット」を実行してください。
  • 「オブジェクト」メニューの「パスのオフセット」では、元のパスに対してオフセットされたパスが追加で作成されますので、オフセット前のパスを削除していただく必要があります。
特定商品の注意点に戻る
ページの先頭へ

クイック ツール