特定商品の注意点マスキングテープ(シートタイプ)データの作成注意点

必ず当社指定のテンプレートをご使用ください。

対応アプリケーション

Illustrator/Photoshop

その他、ペイントツールSAI/CLIP STUDIO PAINT/FireAlpacaなどをご使用いただく場合は、必ず下記を参照の上、原寸サイズ(塗り足し込み)での入稿をお願いいたします。

※RGBには対応しておりません。当社にてCMYKに変更させていただきます。

レイヤーについて

デザインとカットパスは必ず、レイヤーを分けて作成してください。(図参照)

※必ず同座標(同じ位置)に、別レイヤーでデザインとカットパスを作成してください。

レイヤー分けのイメージ

カットパスについて

カットパス作成方法

カットパスは、上記の通りデザインとは別のレイヤーに作成していただく必要がございます。線幅や塗りに関しては、指定はございません。必ずデザインとは別のレイヤーに作成ください。

※必ず同座標(同じ位置)に、デザインとカットパスを作成してください。

「効果」メニューの「スタイライズ」での角丸は、カットに反映されません。カットパスはフィルタ等を使用せず実線のみで作成してください。

形状

カットパスの形状は、丸や四角、角丸だけでなく、お客様のご指定いただいた形での加工が可能です。

※複雑すぎる場合や、鋭角なカットはお受けできない場合がございます。(図参照)

複雑すぎるカットパスや鋭角なカットパスのイメージ

※カットパスが複雑(鋭角な箇所)があるため、綺麗な仕上がりにはなりません。

滑らかな曲線のカットパスのイメージ

※滑らかな曲線にしていただくと綺麗な仕上がりになります。

カットズレ

カットには±1mm程度の誤差がありますので、フチを切り落とすようなデザインには必ず塗り足しを伸ばしてください。また、切れてはいけないもの(例えば文字など)は2mm以上内側に収めてください。

カットズレにより文字が切れたイメージ

カットパスと文字の間隔が2mm以下のため、カットズレにより文字が切れてしまっている。

カットズレが目立たず綺麗なイメージ

カットパスと文字の間隔が2mm以上とれているためカットズレも目立たず綺麗な状態。

塗り足しについて

上記のカットズレと同じく、カットには±1mm程度の誤差が生じます。そのため、塗り足しも2mm以上作成していただく必要がございます。塗り足しが作成されていない場合、もしくは作成されているが塗り足しが2mm以下の場合は、カットズレにより仕上がりに背景の白が入ってしまいます。ご注意ください。

塗り足しあり 塗り足しなし

仕上げ断裁とカット位置について

カットパスとカットパスの間隔

カットパスとカットパスの間隔は必ず、2mm以上あけて作成してください。
2mm以下の場合は、カット時のズレによりカットが交わってしまう可能性がございます。

  • カットパスとカットパスの間隔は、2mm以上離してください。
  • カットパスと断裁位置は、3mm以上離してください。
カットパスとカットパスの間隔のイメージ
マスキングテープの商品概要
特定商品の注意点に戻る
ページの先頭へ

クイック ツール