ゲストさん

アプリケーション別ガイドInDesign/Quark

印刷に関する注意点

印刷の黒 黒の濃度差

画像とオブジェクトの黒

IllustratorやInDesignで黒オブジェクトを作成し、背景が黒の画像を重ねたとき、モニタ上では黒がなじんで見えていますが、印刷すると、実際のCMYK数値が異なるために、黒に濃度差がでてしまうことがあります。

画像とオブジェクトの黒比較イメージ

オブジェクトの黒は墨ベタ(K100%)やリッチブラックで作成され、画像の黒はカラー設定によってRGB→CMYK変換された4色掛け合わせの黒になっていることが主な原因です。
このようなデザインをされるときは、画像の黒とオブジェクトの黒の数値を合わせてください。

黒の濃度差をいかしたデザイン

印刷の黒はCMYKの組み合わせによって、様々なバリエーションを持たすことができます。
黒の濃度差をいかしたデザインをすることができますが、次のような場合、濃度差が出ないことがあります。

墨ベタ(K100%)を重ねたとき

リッチブラック等の上に墨ベタ(K100%)を重ねると、墨ベタのオブジェクトはオーバープリント(墨ノセ)となり、背景の色と同化してしまいます。墨ベタの中に微量(C1%など)の設定を加えてください。

墨ノセ(ブラックオーバープリント)
リッチブラックの上に墨ベタを重ねたイメージ
オーバープリントのイメージ

濃度差が少ないとき

墨ベタとグレーなど、モニタでは濃度の違いがはっきりと見えていても、印刷する用紙によっては、全く差がでないことがあります。上質紙のような塗工処理がされていない用紙では、特に差がでにくくなり、20~30%ほどであっても差がでないことがあります。用紙サンプルを参考にご確認ください。

簡易校正ではインキの沈み込みを再現することはできませんので、デジタルプルーフ(本紙タイプ)や本紙プルーフ(オフセット印刷用)で濃度差が見えていても、用紙によっては実際の印刷では全く差がでないことがあります。

アプリケーション別ガイドへ戻る
ページの先頭へ

クイック ツール