オプションのデータ作成注意点トムソン(型抜き)

トムソン加工をご利用の場合は、印刷データとは別ファイルにて、トムソン用のデータを作成してください。

対応アプリケーション

レイアウトソフトはIllustratorのみ対応

Adobe Illustrator ~CS6・CC

  • 当社対応フォント以外はすべてアウトライン作成を行ってください。
  • 印刷データ、トムソンデータともにIllustrator形式(ai)でご入稿ください。PDF入稿は対応外です。

データ作成方法

  • 印刷データとは別ファイルでトムソン用のデータを用意していただく必要があります。
  • 印刷原稿とトムソン原稿のトンボを同座標(同じ位置)にして、作成してください。
  • トムソン罫の各線幅(カット、スジ罫、ミシン)は0.1mmとして、カット線→K100、スジ罫線→C100、ミシン線→M100にて作成ください。
  • 形状によっては型が作成できない場合や納期をいただくことがございます。
  • 入稿データに出力見本(印刷原稿、トムソン原稿、可能であれば出力イメージ)を添付してください。データチェック時に参考にいたします。ただし、細部のチェックや文字校正は行いません。

トムソンデータ作成上のご注意点

罫と罫との間は2.5mm以上の間隔が必要です。

2.5mm

細かいものは厳密に再現できません。
例)刃を曲げて型を作成するため丸みをおびます。

データ上での形状→型の形状

孔の直径は2mm以上で作成してください。

直径2mm

スジ罫線は山折のみとなります。

紙の断面 スジ入れ部分
山折したイメージ

丁付け(要別途料金)をされる場合はそれぞれの間隔を16mm以上としてください。間隔がないとカス取りができません。

※カス取りとは不要な箇所を取り除く工程です

丁付けのイメージ

異なる種類の加工罫線を重ねることはできません。

※カット罫とスジ罫、カット罫とミシン罫、スジ罫とミシン罫

カット罫とスジ罫を使用した例

【折り込む加工の場合】

折り込む加工の場合
OKの場合

完成データの状態

カット罫とスジ罫が重ならないようにデータを作成してください。

折り込み加工 OKの場合 完全データの状態のイメージ

カット罫レイヤー

折り込み加工 OKの場合 カット罫レイヤーのイメージ

スジ罫レイヤー

折り込み加工 OKの場合 スジ罫レイヤーのイメージ
NGの場合

完成データの状態

罫線が重なっていると、カット罫とスジ罫が判別できなくなります。

折り込み加工 NGの場合 完全データの状態のイメージ

カット罫レイヤー

折り込み加工 NGの場合 カット罫レイヤーのイメージ

スジ罫レイヤー

折り込み加工 NGの場合 スジ罫レイヤーのイメージ

【くり抜く加工の場合】

くり抜く加工の場合のイメージ
OKの場合

完全データの状態

カット罫とスジ罫が重ならないようにデータを作成してください。

くり抜き加工 OKの場合 完全データの状態のイメージ

カット罫レイヤー

くり抜き加工 OKの場合 カット罫レイヤーのイメージ

スジ罫レイヤー

くり抜き加工 OKの場合 スジ罫レイヤーのイメージ
NGの場合

完全データの状態

罫線が重なっていると、カット罫とスジ罫が判別できなくなります。

くり抜き加工 NGの場合 完全データの状態のイメージ

カット罫レイヤー

くり抜き加工 NGの場合 カット罫レイヤーのイメージ

スジ罫レイヤー

くり抜き加工 NGの場合 スジ罫レイヤーのイメージ

トムソンデータ作成例

印刷データを複製してファイル名を「トムソン原稿」に変更してください。

ファイル名変更前
ファイル名を「トムソン原稿」に変更

トムソン原稿を開いてください。

トムソン原稿

レイヤーパレットにて「新規レイヤーを作成」し、レイヤー名を「トムソン原稿レイヤー」に変更してください。新規作成したレイヤーにトムソンデータを作成します。

新規レイヤー
  • レイヤーパレットは「ウィンドウ」メニューから表示できます。
  • レイヤー名は、「レイヤーオプション」で変更できます。

印刷原稿のトンボをトムソン原稿レイヤー内の同じ位置にコピー&ペーストしてください。

1トンボを選択してコピーしてください。

トンボを選択

CS4・CS5をご利用の方へ

トンボを選択するにはまずアピアランスを分割する必要があります。

トンボを選択いただき、「オブジェクト」メニュー→「アピアランスを分割」をクリックください。

2トンボの選択を解除してください。

トンボの選択を解除

3トムソン原稿レイヤーを選んでください。

トムソン原稿レイヤーを選択

4「前面へペースト」を使用しペーストしてください。

前面へペースト

トムソン原稿レイヤーが選択された状態を確認してください。これよりトムソン加工用の罫線を作成します。

トムソン原稿レイヤーが選択されている状態

線パレットにて線幅を0.1mm(0.283pt)に設定します。

線幅を0.1mmに設定

カット線をK100、スジ罫線をC100、ミシン線をM100にて作成してください。

線に色を付けた状態

印刷原稿のレイヤーを削除し、トムソン原稿レイヤーのみ残してください。

トムソン原稿レイヤーのみにした状態

ファイルを保存してください。

加工のご注意点

  • 形状によっては型が作成できない場合や納期をいただくことがございます。
  • サイズにより加工時に1mm~3mmのズレが発生します。
  • お客様にて必ず型抜き後の見本を作成していただきご確認ください。当社ではトムソン加工後の組み立てなどの検証はお受けしておりません。
  • 同カート内の複数件の注文に対して同じ型を使用したい場合は、こちらをご覧ください。
  • くり抜きのある場合は、くり抜きの中身が残った状態(シートの状態)での納品となります。
  • 加工の特性上、ごくわずかなつなぎ目(バリ)ができます。
    ごくわずかなつなぎ目(バリ)の例

    ごくわずかなつなぎ目(バリ)の例

オプションのデータ作成注意点に戻る
ページの先頭へ

クイック ツール