ゲストさん

アプリケーション別ガイドAdobe Illustrator

印刷に関する注意点

断裁ずれ 断裁ずれに注意(塗り足し・文字切れ・均等幅のデザイン)

印刷は仕上がりサイズより大きな紙(全紙)にされ、その後仕上がりサイズに断裁されます。一度に大量の印刷物を断裁しますので、断裁の刃先の微妙な流れや、紙の収縮が原因で、どうしても断裁ずれが起こってしまいます。

断裁ずれによるトラブル

  • 周囲に紙白が見える
  • 文字切れ
  • 均等幅のデザインが均等に見えなくなる

塗り足し

塗り足しとは、外側への断裁ずれにより、紙白(何も印刷されていない部分)が周囲に出てしまわないよう、あらかじめ、仕上がり位置いっぱいまで印刷される画像やオブジェクトを、仕上がりより外側までレイアウトしておく部分のことです。基本となる塗り足し幅は3mmです。

断裁が外側にズレた場合
塗り足しを3mm確保

塗り足しは断裁で切れて無くなってしまう部分になりますので、切れてしまってはいけない文字やデザインは、配置しないようご注意ください。

文字切れ

仕上がり位置付近に文字や、デザインを配置されていると、内側へ断裁がずれたときに、切れてしまうおそれがあります。切れてしまってはいけない必要な情報は、仕上がりより2mm~3mm内側に配置してください。

断裁が内側にズレた場合
2mm内側に文字配置

均等幅のデザイン

均等枠や均等に配置されたデザインは、断裁ずれにより、均等にならないことがあります。特に名刺やポストカードなど小さいサイズの印刷物は、ずれの影響が目立ってしまいます。幅を大きくすれば、その分ずれは目立ちにくくなります。

断裁が全体に右にズレた場合
フチの幅を3mm確保
アプリケーション別ガイドへ戻る
ページの先頭へ

クイック ツール