よくあるご質問(FAQ)

冊子のデータ作成方法を知りたい(対応アプリケーション、保存形式、背幅、ページ順)

■中綴じ冊子印刷

2ページごとの見開き単位または1ページ単位のどちらかで統一して作成してください。
対向面付けではなく、「製本後のページ順」でご作成ください。

中綴じ冊子のデータ作成の注意点はこちら

========

■無線綴じ冊子印刷

1.表紙のデータ作成方法
無線綴じ冊子の表紙は必ず、【背幅を含めた見開きサイズ】でデータを作成してください。
背幅のイメージ画像

表1-表4(表紙-裏表紙)の見開き、表2-表3(表紙の裏-裏表紙の裏)の見開きとして
作成してください。

[背幅の計算方法]
背幅は用紙の厚さとページ数によって変わります。背幅の計算方法は以下でございます。
(表紙の厚さ×2) + (本文の厚さ×ページ数÷2) = 背幅(mm)
各用紙の紙厚はこちら

また、ご注文・ご入稿時に背幅をご確認いただけるようになりました。ぜひご活用ください。
背幅の確認方法はこちら


2.本文のデータ作成方法
本文データに背幅は必要ありません。
2ページごとの見開き単位または1ページ単位で作成してください。

無線綴じ冊子のデータ作成の注意点はこちら

=========

ページ順について

中綴じ冊子、無線綴じ冊子いずれも、「製本後のページ順」での作成をお願いします。
ページ順がわかるようにファイル名にページ番号を付けてください。(1-2.ai 3-4.aiなど)

1つのファイル内で複数のページを配置されている場合は、
印刷範囲外にページ番号を付けてください。

PDFデータの場合は、
ページ順で保存していただくとともに、ファイル名にページ番号を付けてください。
対向ページ(対向面付け)のデータのご入稿は、承っておりません。

=========

保存形式について

保存形式は、アプリケーション毎の固有の形式(ai、psdなど)
またはeps、PDF、画像形式のファイル(jpg、png、tiffなど)
でお願いします。
それ以外の形式では承っていません。

上記の対応しているアプリケーションの保存形式であれば、
混在(ページごとに形式が異なる)でも問題ありません

また、レイヤーでページを分けたデータは対応しておりません。
ページごとにファイルを分けて保存してください。


お役に立ちましたか?

上記で解決しなかった場合は、こちらよりお問い合わせください。

ページの先頭へ

クイック ツール