よくあるご質問(FAQ)

テンプレートの使用方法が知りたい

テンプレートをご使用いただく場合は、
以下をご参照いただき、データを作成してください。

1.テンプレートの「T」と「Y」の意味
2.トンボ・ガイドについて
3.レイヤーの作成・統合について

=======================

1.テンプレートの「T」と「Y」の意味

テンプレートの中には、
ファイル名に「TT」「TY」「YY」と付いているものがあります。
「T」は「タテ」「Y」は「ヨコ」の意味でございます。
ご希望の向きのテンプレートファイルをお使いください。

※「T」や「Y」が付いていないテンプレートの場合は、
 レイアウトの向き別のファイルはございません。

=======================

2.トンボ・ガイドの表示について

テンプレートに表示されているトンボ、ガイドはレイアウトの目安となります。
断裁の誤差で紙の印刷されていない部分が見えたり、
文字などが欠けてしまうことを防ぐため、以下をご参照いただきデータをご作成ください。

仕上り線(3本あるガイド線の真ん中の線)
→断裁の位置をあらわしています

塗り足し幅(仕上がり線より3mm外側の線)
→画像や背景色はこの線まで配置してください

内側のガイド(仕上がり線より3mm内側の線)
→切れては困る文字やロゴは、この線よりも内側に配置してください

トンボと塗り足しについて


なお、CLIP STUDIOやSAIなどのペイントソフトでテンプレートを開いた場合、
ガイド線や枠線が表示されない場合がございます。
その場合は、ご希望の仕上がりサイズ(納品サイズ)に、
上下左右それぞれに3mmの塗り足しを含めたサイズでデータをご作成ください。

※テンプレート必須の商品もございますので事前に商品概要ページをご確認ください。
※ペイントソフトの中には、ガイド線が作成できるものもございます。
 お使いのソフトのガイド作成方法については、
 お客様にてお調べいただきますようお願いいたします。

また、コミックグラフィック(コミグラ)にて、
ペイントソフトでご利用いただけるテンプレートもご用意しています。是非ご利用ください。
コミグラ_入稿テンプレートはこちら
コミグラ_ペイントソフトでの原稿作成方法

=======================

3.レイヤーの作成・統合について
テンプレートのレイヤーは
「レイアウト」「ガイド」「トンボ」の3つのレイヤーに分かれています。
デザインデータは「レイアウト」レイヤーに配置してください。

複数のレイヤーでデザインを作成される場合、
テンプレートにあらかじめ設定されていたレイヤーは残したまま、
印刷をご希望のデザインのみを1枚のレイヤーに統合してください。

また、印刷をご希望でないオブジェクトや罫線は必ず削除してください。
グラフィックのデータチェックは「印刷できるか」のチェックでございますので、
文字やレイアウトの校正までは行いません

=======================

テンプレートに関するご留意点

グラフィックでご提供しているデータ作成用テンプレートは、
Adobe Illustratorまたは、Photoshop専用です。
上記のソフトをお持ちでない場合は、テンプレートはご利用いただけません。

なお、商品ページに「テンプレート必須」の記載がない商品の場合、
テンプレートをご使用いただかなくても問題ございません。
対応アプリケーションにて、アートボードサイズ
(もしくはドキュメントサイズ、キャンバスサイズ)をご希望のサイズにご設定の上、
データをご作成ください。

対応アプリケーションはこちら
アプリケーション別作成ガイドはこちら

お役に立ちましたか?

上記で解決しなかった場合は、こちらよりお問い合わせください。

ページの先頭へ

クイック ツール