よくあるご質問(FAQ)

ポストカードの仕様について知りたい

グラフィックのポストカード印刷は、日本の一般的なハガキサイズ(官製はがきと同サイズ)である100mm×148mmで私製はがきを作成いただけます。
紙質・紙の厚みなども豊富に取り揃えております。ポストカードのご利用用途に合わせてお選びください。

ポストカード印刷・はがきDM印刷はこちら

ポストカードのテンプレートは以下のページよりダウンロードいただいてご使用ください。
カード(名刺)印刷テンプレートはこちら

データの作成方法については、以下をご覧ください。
アプリケーション別作成ガイド


ポストカード印刷は郵便はがき(官製はがき)への印刷ではございません。
通信面(絵柄などをデザインする面)と合わせて宛名面もお客様ご自身でデータを作成してください。

ポストカード印刷には郵便番号枠は印刷されておりません
表裏ともに白紙の用紙への印刷となりますため、
郵便番号枠を必要とされる場合は郵便番号枠をデザインとしてデータ上にご作成ください。

また、ポストカードを第二種郵便物(はがき)として差出す場合は、
宛名面に「郵便はがき」もしくは「POST CARD」の表記が必要です。
表記がない場合は手紙(第一種定形郵便)として扱われます。
データをご作成いただく際は、「郵便はがき」もしくは「POST CARD」の表記を
宛名面にレイアウトした状態でご入稿ください。

あらかじめ宛名面に郵便番号枠やデザインを施したテンプレートもご用意しています。ぜひご利用ください。

ポストカード宛名面テンプレートはこちら
ポストカード宛名面デザインテンプレートはこちら


一般的にポストカードで使用される用紙、
ご注文いただくことが多い用紙を特徴ごとにご紹介いたします。

筆記特性が高い用紙
・上質紙  ・ケント紙  ・最高級上質紙

DMなどに多い光沢のある用紙
・コート紙(光沢紙)  ・マットコート紙(半光沢紙)

インクジェットプリンタ対応用紙
・最高級上質紙  ・モデラトーンGAスノー

上記の他にも、グラフィックでは様々な用紙を取り扱っています。
下記のページにて各用紙の特徴と、カード印刷でお選びいただける連量をご紹介しています。
ぜひご覧ください。
カード印刷で使用できる用紙はこちら

なお、納品後に後加工(ペンによる筆記や製本、プリンタによる印字を含む)などを
ご検討のお客様は、必ず紙サンプルにて試用いただき問題ないかどうかご確認の上、ご注文ください。
サンプル請求はこちら


ポストカードの校正をお考えの場合は、以下をご参照ください。
校正の種類によってポストカードが対応できるサイズが異なります。

本機校正の場合
「A6カード」にてご注文ください。
本機校正はこちら

デジタルプルーフ(本紙タイプ)の場合
片面は「A5カード用」、両面は「B5カード用」にてご注文ください。
デジタルプルーフはこちら

本紙プルーフ(オフセット印刷用)の場合
1枚の本紙プルーフにポストカードを8面入れることができます。
本紙プルーフはこちら

オンデマンド印刷 本紙校正の場合
1枚の本紙校正にポストカードを8面入れることができます。
オンデマンド印刷 本紙校正はこちら

お役に立ちましたか?

上記で解決しなかった場合は、こちらよりお問い合わせください。

ページの先頭へ

クイック ツール