本紙カラープルーフ (オフセット印刷用)- 実際の印刷用紙に出力する校正方法 - 印刷・ネットプリントなら印刷通販の【グラフィック】

初めての方へ
まずは、こちらから印刷注文/価格表
  • 印刷の通販グラフィック
  • 24時間年中無休の
    印刷会社【グラフィック】
    新しい印刷サービスをご提供!

校正サービス

  • TOP
  • ご利用手順
  • 基礎知識

本紙カラープルーフ (オフセット印刷用)

実際の印刷用紙に出力します。
当社所有の印刷機で各用紙に印刷した場合を想定して色味をシミュレーションし、
近似したものを出力します。菊四サイズ(318ミリ×469ミリ)での対応となります。
出力解像度は、2400dpiです。

本紙による簡易校正

実際に印刷に使用する用紙で出力いたします。
また、プロファイルを使用して出力いたしますので、本印刷での写真画像の仕上がりイメージのご確認に最適です。

多様なプロファイルを用意

インキや出力形式はオフセット印刷で使われるものではありませんので、用紙表面の凹凸やインキの受理性などに影響する風合いまでは確認できませんが、各用紙のプロファイルを用意しており、それを用いて出力することで本印刷した際のイメージや風合いを確認いただけます。

サイズは菊四(469mm×318mm)限定

デザインデータの配置の仕方によっては、A4サイズを2面、ポストカードを8面、また様々なサイズのデータを複数貼り付けることも可能です。

最短当日出荷が可能

午前中にご入稿いただくと、当日の夕方に当社を出荷させていただくことが可能です(データに問題が発生した際は、この限りではありません)。早いレスポンスにより、お客様の仕事がスムーズに運べるようにサポートいたします。

解像度/カラー 2400dpi/CMYK
納 期 午前中入稿/当日発送、午後入稿/翌日発送
数量・ご指示の内容により異なります
※冊子データなどデータチェックを行う点数が
多い場合は、追加で納期いただくことがございます。
  • ※竹田店引取の場合
    午前中入稿/当日午後18時以降のお引取、
    午後入稿/翌日午前10時以降のお引取
    オプションよりご選択ください。
    送料は無料となります。
出力サイズ 菊四まで(469×318ミリ) ■印字可能サイズ:460×308mm
片面1枚 ¥500 上記サイズ内であれば、丁付け自由です。
ただし、データの修正は一切行いません。

※両面への出力はできません。片面出力のみとなります。
同データの追加片面1枚 ¥150
別データの追加片面1枚 ¥500
送料全国一律 ¥500
  • ■カラープルーフの総額が1,500円以上の場合は全国配送料は無料です。
ご注文画面へ
価格表の「○種、○枚」って何?
本紙カラープルーフでは、菊四サイズ(469×318mm)の範囲内でデータの丁付が自由となります。
なお、両面への出力はできません。片面出力のみとなります。
種類は、菊四サイズの出力が何種類あるか、枚数は、各種類について何枚出力するかという見方になります。
例えば、A3サイズの両面データを原寸で片面あたり3枚ずつ出力したい場合、菊四サイズ1枚にA3サイズ片面が収まりますのでこれで1種類、もう片面で1種類、の合計2種類となります。またそれぞれを3枚ずつ出力したいので「2種3枚」(計6枚)という注文となります。またA4サイズの両面データを原寸で1枚出力したい場合は、菊四サイズ1枚に収まりますので「1種1枚」という注文となります。
ページの下部に掲載している丁付例もご参考ください。
豊富な印刷紙種で、質感を確認

(単位:kg)

  • ● Gコート紙 / 90・110・135・180.5・223.5
  • ● コート紙 / 90・110・135・180・225
  • ● コート再生紙R100 / 90・110・135
  • ● コート再生紙R / 180・220
  • ● Gマットコート紙 /90・110・135・180.5・223.5
  • ● マットコート紙 /90・110・135・160・180・220
  • ● OKウルトラアクアサテン /180・220
  • ● マットコート再生紙R / 180・220
  • ● マットコート再生紙R100 / 90・110・135
  • ● 上質紙 / 90・110・135・180
  • ● 上質再生紙R100 / 90・110・135
  • ● ケント紙 / 90・110・180・220
  • ● ハイマッキンレーアート / 110・135
  • ● ハイマッキンレーポスト / 180・220
  • ● サテン金藤 / 90・110・135・180
  • ● インバーコート M-FS / 223.5
  • ● 高白グロリアバガス(FSC) / 220
    ※ミラー面のみ対応可能
  • ● 高白ラフバガス(FSC) / 220
  • ● 竹はだGA / 110・135・180・220
  • ● 最高級上質紙 / 110・135・180・220
  • ● ミラーマルチ紙 / 180・220
    ※ミラー面のみ対応可能
  • ● ミラー上質 / 135・180・220
    ※ミラー面のみ対応可能
  • ● エスプリコートC / 135・180
    ※ミラー面のみ対応可能
  • ● ハイマッキンレーピュアダルアート / 110・135
  • ● ハイマッキンレーピュアダルポスト / 180・220
  • ● ハイマッキンレーディープマットスノー / 110・135・180・220
  • ● ハイマッキンレーマットポスト(FSC) / 180・220
  • ● Aライトスタッフ GA-FS / 90・110・135
  • ● ライトスタッフGA(N)-FS / 170
  • ●テイクGA-FS /90・110・135
  • ● アラベールスノーホワイト /90・110・130
  • ● ヴァンヌーボVGスノーホワイト / 130・150・195
  • ● ヴァンヌーボVGホワイト / 195
  • ● ヴァンヌーボVスノーホワイト / 195
  • ● ヴァンヌーボVホワイト / 130・150・195・235
  • ● Mr.Bスーパーホワイト / 110・135・180
  • ● Mr.Bホワイト / 110・135・180
  • ● グラフィックファンシー / 190

※コート紙やマットコート紙、上質紙につきましては、本紙カラープルーフ出力時の用紙と本印刷時の用紙で
銘柄が異なることがございます。あらかじめご了承ください。

※今後、当社使用の印刷本紙に順次対応していく予定です。

【 ご注意事項 】

カラープルーフは写真など階調があるものを得意としています。逆に平網(文字、図形、罫線などを一定の濃さの網点)に関してはレーザープリンタでは再現できない場合があります。カラーチャート(黄色の冊子)や用紙サンプルを目安にご覧ください。こちらよりご請求いただけます。また、オフセット印刷とは印刷方式が異なりますので、以下の点で若干の違いが現れます。ライン、文字等の厳密な再現は不可能です。色調ご確認用としてのサービスです。

  1. ●ライン・画像の出力解像度は上限2400dpiです。
  2. ●プリンタカラープルーフ専用のトナーで印刷します。
  3. ●レーザープリンタの性質上インク表面に光沢を帯びる場合があります。
  4. ●網点ではありませんので、モアレやトーンジャンプは確認できません。
  5. ●ヘアラインが出力されてしまいます。
  6. ●アウトライン作成された文字は若干太く印刷されます。
  7. ●RGBカラーや特色(スポットカラー)はCMYKカラーに変換しております。
  8. ●色校正の有効期限は1ヶ月です。保管状態によっては色味等が変動いたしますので、色見本としてご利用いただけない場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。
  9. ●5%以下の網点が厳密に再現できません。
  10. ●品質保証のため用紙名などのコメントを入れさせていただきます。
  11. ●紙目の指定はできません。
1丁付け例
最大プリントサイズを超える場合は必ず『縮小』か『タイリング』かをご指示ください。
ご連絡がとれない場合は縮小した状態で発送させていただきます。
下図は印字可能サイズ内に塗り足しまで収めた場合の目安です。
※出力サイズ:菊四サイズ(469×318mm) 印字可能サイズ:460×308mm
両面への出力はできません。片面出力のみとなります。
1種1枚 A3サイズ1点で1種類となります。 B4サイズ1点で1種類となります。 A4サイズ2点で1種類となります。 A5サイズ4点で1種類となります。 ポストカードサイズ8点で1種類となります。 A5サイズ2点、ポストカード2点、名刺2点で1種類となります。
2種1枚 A2サイズ1点で1種類となります。※タイリングになります。 A4サイズ4点で2種類となります。 A3サイズ2点で2種類となります。
ちょっとひと工夫

デザインの候補が何点かあり、プルーフを見てから判断したいという場合には
英字や数字を割り当てると便利です!
プルーフをご確認いただいた後は、そのまま本印刷への進行か再入稿データでの本印刷進行か、当社にご指示いただくこととなります。
その際に、デザイン候補が数点あると、「何点か貼り付けているうちの一番右側の上から2番目で…」というように、言葉として表現することが面倒なことになったり、最悪のケースでは、当社スタッフとの相違によるデザイン選択ミスが起こり得てしまうなど、問題になりかねません。
そこで、英字や数字をデザインデータに割り当てていただくと「本印刷は、Aでお願い」というようにお伝えいただくことも簡単になります。

ページトップ