印刷の通販【コミグラ COMIC GRAPHIC】

初心者でも安心
同人誌つくり方ガイド

同人誌を描くときのツールや、入稿のコツが知りたい!

イベントへの参加が決まったら、次は同人誌の制作。原稿の作り方には「アナログ原稿」「デジタル原稿」の2種類があり、それぞれ異なるよさがあります。アナログ入稿の際は、印刷所に原稿を郵送するか持ち込む必要があります。特徴をチェックして、どちらで描いていくか決めましょう。今回は最近の主流であるデジタル原稿についてお話します。

同人誌印刷についてはこちら

パソコンで仕上げるデジタル原稿

ペイント系ソフトや画像編集アプリケーションを使ってPC上で原稿を作成する方法です。ベタ塗りやトーンの流し込み、変形や反転などいろいろな処理が簡単に行えるのはもちろん、デジタルならではの表現や効果が使えます。入稿の際は、web上で印刷所にデータを送るだけでOK。製作用のソフトにはさまざまな種類があり、以下のものが人気です。また、PC上でペンを使って絵を描くための「ペンタブレット」は合わせてよく用いられます。

ソフト一覧

CLIP STUDIO PAINT マンガ制作とイラスト制作が行えるペイントツール。多機能でトーンなども豊富。
※「ComicStudio」と「IllustStudio」の後継ソフト。
SAI 柔らかな線が描けるペイントツール。機能はシンプルで初心者にも扱いやすいソフト。
Adobe Photoshop 写真・画像加工を得意とするソフト。
フィルタなども豊富。
Adobe Illustrator デザインを得意とするソフト。
イラストやロゴの制作に向く。

Pointデジタル原稿を仕上げるポイント

現在主流のデジタル原稿の作成は一見難しそうですが、いくつかのポイントさえ押さえておけば、スムーズに仕上げることができます。ここでは、データの作り方や描き方のコツなどをお伝えします。

はじめに、同人誌のサイズを決めておこう

原稿データは、作りたい本のサイズに合わせて等倍で作成するのが基本です。原稿に取りかかる前に、今回作る本のサイズを決めてしまいましょう。

一般的な同人誌のサイズはB5が主流ですが、A4でイラストを大きく見せたい、A5で小さな可愛らしい漫画本に仕上げたい、などサイズで個性を出すのも面白いですね。

<同人誌の一般的なサイズと用途>
A4サイズ 210×297mm 用途: イラスト集
B5サイズ 182×257mm 用途: マンガ・イラスト集。 最も一般的なサイズ。
A5サイズ 148×210mm 用途: マンガ・小説
B6サイズ 128×182mm 用途: 小説

解像度はどのくらいがいい?

解像度とは、「画面のきめ細かさ」を表す数値のこと。数値が高いほどきれいに見えますが、高すぎるとデータが重く、作業がしにくくなります。

おすすめの解像度は下記の通り。あとから解像度を変更しても高精度な画像にはなりませんので、はじめの設定が肝心です。

<同人誌を作るときの推奨解像度(dpi)>
カラー 300〜400dpi
モノクロ(グレースケール) 600dpi
モノクロ(2階調) 1200dpi

仕上がり位置の目印「トンボ」をつける

同人誌を作るときに、よく耳にする「トンボ」。これは印刷したり、紙をカットしたりする位置を示す目印のことです。同人誌のサイズに合わせたトンボを作り、その範囲内に描いていきましょう。

ちなみに紙は、仕上がり線の部分でカットされます。カットは多少ずれることもあるので、次のことを意識すると、仕上がりがきれいになりますよ。

  • ■大事なセリフや絵は、仕上がり線の内側に描く
  • ■塗り足し部分までめいっぱい描いておく

保存形式も確認しておこう

データの保存形式についても、最後にもう一度チェックしてみましょう。印刷所が対応できる形式であることを確認します。また、「手違いによって、ひとつ古いバージョンを入稿してしまった」などのケースもよくあります。

  • ■ファイル形式が入稿予定の印刷所に対応しているか
  • ■最新のデータになっているか
  • ■データが破損していないか

困ったことがあれば、すぐ問い合わせを

基本的なルールを押さえていても、印刷所によって決まりが異なることもあります。困ったときは入稿する印刷所に問い合わせてみましょう。当社グラフィックでは24時間電話やメールでのお問合せを受け付けているので、原稿作成が夜中になっても安心です。ぜひご利用ください。

グラフィック お問い合わせはこちら

こちらの記事もオススメ

同人誌印刷についてはこちら

売れるブースを目指そう!サークルスペースレイアウト特集

オススメの同人誌・同人グッズ