準備した画像を配置しよう! - 印刷はじめてガイド - テクニカルガイド - 印刷・ネットプリントなら印刷通販の【グラフィック】

初めての方へ

印刷の通販【グラフィック】

  •  
  • 新規会員登録

印刷はじめてガイド〜ポストカードを作ってみよう!〜

作成編レッスン03

準備した画像を配置しよう!

次はレッスン02で準備した画像をIllustratorでレイアウトしましょう。

Illustratorで画像を配置するには?

「リンク」と「埋め込み」2種類の配置方法があります。
リンク:Illustratorファイルには画像の配置情報だけが保存される。ファイルサイズ 小。画像の修正がすぐに反映される。表示するには画像ファイルが必要。管理が難しい。/埋め込み:Illustratorファイルの中に画像そのものが保存される。ファイルサイズ 大。画像の修正が反映されない。もう一度配置をやり直す必要がある。画像ファイルが無くても表示可能。
画像の配置方法

  1. @「ファイル 」 → 「配置」で画像ファイルを選びます。
  2. A「リンク」のチェックを確認。
    チェック:ON→「リンク」になります。チェック:OFF→「埋め込み」になります。
  3. B「配置」ボタンを押します。
どうやって見分けるの?
配置した画像はリンクパレットで確認できます。横に図形のマークがあるものが「埋め込み」、マークがないものが「リンク」で配置された画像です。

それぞれの特徴を知って、お好みの方法で画像を配置しましょう。PDF入稿なら「リンク」と「埋め込み」どちらで配置しても、入稿に必要なファイルはPDFファイル一つだけです。※CSとCS2はPDF保存する前に、必ず「埋め込み」にしてください。

配置画像を調整しよう

クリッピングマスクを使って、写真の使わない部分を隠しましょう。
  1. @写真の上に長方形ツールで四角を作成します。
  2. A写真と四角、両方を選択して、
    「オブジェクト」メニューから「クリッピングマスク」→「作成」を選択します。
  3. B四角の外側が隠れました。
四角以外にもいろんな形で写真を切り抜くことができます。

Illustratorでのサイズ調整は、
拡大120%、縮小50%が目安!
サイズはなるべくPhotoshopで調整して、100%の比率で配置しましょう。拡大120%、縮小50%を超えて、Illustrator上でサイズを変えると、画像の品質が大きく損われてしまうことがあります。

テクニカルガイドへ戻る