2018/2/19 ダイレクト入稿バージョン3

バージョンアップのポイント

お客様からお寄せいただいた改善のご要望にお応えし、より快適により安全に
ご利用いただけるよう、いくつかの機能アップをおこないました。

より快適に1専用パレットにスクロール機能を追加

作業スペースが限られたモニタを有効に活用できます。

専用パネルが画面に収まらない場合

  • パレット縮小イメージ

    パレットを小さくして

  • パレットスクロールイメージ

    スクロールすれば

  • パレットスクロールイメージ2

    パレットの下まで確認できます。

より快適に2注文リストの操作性向上

複数の商品を注文した時に、入稿したい注文がスムーズに見つけられるようになりました。

  • リスト画面

    リストのどこをクリックしても

  • 詳細情報画面

    注文の詳細情報が確認できます。

より安全に23原稿の回転機能を追加

両面印刷の場合、原稿の指定時に向きを変更できるようになりました。
表と裏の向きを逆にしてしまった、そんな時にすぐに向きを修正することができます。

回転機能説明画面

このまま入稿すると表裏でデザインの向きが揃わない>NG

回転することでデザインの向きが一致>OK

より安全に4データチェック項目に「塗り足し」を追加

事前に自動塗り足し修正の有無が確認できるので、意図しない塗り足しが作成されることを
未然に防ぐことができます。

塗り足しが不足しているオブジェクトがあれば警告が表示され、場所を確認することができます。

塗り足し不足オブジェクトの警告画面

ダイレクト入稿では、塗り足しが不足しているオブジェクトを反転して自動で塗り足しを作成します。

塗り足しがない状態 塗り足しを自動で作成した状態

デザインによっては意図しない塗り足しが作成されてしまうことがあります。

意図しない塗り足イメージ

【塗り足しを作成しない場合】

プラグインの設定で塗り足し作成機能をオフにしてください。

他にもより快適に、より安全にダイレクト入稿をご利用いただけるよう、
いくつかの修正を行っております。
ぜひ最新のプラグインをダウンロードして、ダイレクト入稿をご利用ください。

閉じる