スクリーンショット作成方法(Mac) - 入稿の手順 - テクニカルガイド - 印刷・ネットプリントなら印刷通販の【グラフィック】

  •  九州熊本地方を中心とする地震の影響による配送遅延のお知らせ

初めての方へ

入稿の手順 1.スクリーンショットの作成

スクリーンショット作成方法(Mac)

入稿の前にご確認ください

入稿前には必ず、下記「必須チェックポイント」にそってデータをチェックしてください。
万が一、データに不備があった場合は、納期の遅れにつながります。

1.作成されたレイアウトデータをお開きください。

イメージ

入稿用の最終完全データを、
作成されたアプリケーションでお開きください。

2.倍率を調整し、データが全て見える状態にしてください。

イメージ

ウィンドウを全画面表示にして、できるだけ大きく見えるよう倍率を変更して全体が見えるようにしてください。

  • ※レイアウトデータが、各種ツールボックスで隠れないようにしてください。

3.スクリーンショットをお撮りください。

イメージ

右図のようなショートカット(コマンド+シフト+3)を押すと、「バシャ」という音が鳴ります。

  • ※(コマンド+シフト+4)であれば、カーソルが十字にかわるのでキャプチャを撮りたいところをドラッグして囲むと、その範囲だけを撮ることができます。

4.起動ディスク内に、スクリーンショットが作成されます。

イメージ

右図のようなアイコンのファイルが作成されます。

  • ●MacOS9.xでは起動ディスクの第1階層に保存されています。(ファイル名:「スクリーン1」などのpictファイルが作成されます。)
  • ●MacOS10.4以前であればデスクトップに保存されます。(ファイル名:「スクリーン1」などのPDFファイルが作成されます。)
  • ●MacOS10.4以降もデスクトップに保存されます。
    (ファイル名:「ピクチャ1.png」などのファイル名が作成されます。)
  • ※作成されたレイアウトファイルに、表と裏の2種類がある場合は、両方スクリーンショットを作成してください。
    また、「スクリーンショット表」「スクリーンショット裏」いった、スクリーンショットであることが判別できるファイル名に変更してください。
    ファイル名で判別できない場合、スクリーンショットとの確認ができないことがあります。

スクリーンショット(キャプチャ)はデータチェック時の体裁の確認として
参考に使用させていただきます。ただし、細部までのチェックや文字校正は行ないません。
お客様の作成画面をできるだけ大きくお撮りください。