塗り足しとトンボ(DTP/印刷の基礎知識) - テクニカルガイド - 印刷・ネットプリントなら印刷通販の【グラフィック】

初めての方へ

印刷の通販【グラフィック】

  •  
  • 新規会員登録
DTP Printing

DTP/印刷の基礎知識

塗り足しとトンボ

「塗り足し」と「トンボ」

トンボイメージご覧の通り、台紙の外の角と真ん中にある変な形のものがトンボです。このトンボは何のためあるのかという点を簡単に説明しますと、印刷機は、一枚の白い紙に4色のインキを順番に刷っていきます。ご想像の通り青(C)・赤(M)・黄(Y)・黒(K)のプロセスインキの事です。その各色インキの刷り位置がズレないようにトンボはあるのです。位置合わせの為に考えられたものなんです。


塗り足しこれはIllustratorで作成中のファイルの部分図です。この状態はヌリタシの3mm分が作成されていないので、これはNGのようです。正解を見てみましょう(↓)。



塗り足し例:正解これが正解の図です。先程は何もなかった塗り足し部分に、画像や色が伸ばされています。では、もう一つNGを見てみましょう(↓)。


塗り足し例:不正解文字まで塗り足しに出ちゃってますね。これはNGです。これが何故NGかといいますと、何故塗り足しが必要なのかという事を説明すればご理解いただけます。下の図をご覧下さい。



塗り足し例:正解の断裁後これは、正解の状態のものを印刷した完成品です。先程までの塗り足し部分はありません。これは印刷後の断裁という行程で切り落とされるからなんです。お分かりいただけましたでしょうか。もし、文字が塗り足しに出ていたら読めなくなってしまいますよね!


塗り足し例:不正解の断裁後これは、塗り足しを伸ばさなかった場合に起こる状態です。紙の端が白いですよね。これは、断裁行程で切り落とし位置が微妙にズレる為に、印刷されていない紙の部分が見えてしまっているのです。この状態を防ぐ為に、塗り足しは考えられたのです。



DTP/印刷の基礎知識へもどる

ページトップ