仕上がりサイズについて(DTP/印刷の基礎知識) - テクニカルガイド - 印刷・ネットプリントなら印刷通販の【グラフィック】

初めての方へ

印刷の通販【グラフィック】

  •  
  • 新規会員登録
DTP Printing

DTP/印刷の基礎知識

仕上がりサイズについて

JIS工業規格(A列/B列)

番号 A列 B列
0 841 ×1189 1030 ×1456
1 594 ×0841 0728 ×1030
2 420 ×0594 0515 ×0728
3 297 ×0420 0364 ×0515
4 210 ×0297 0257 ×0364
5 148 ×0210 0182 ×0257
6 105 ×0148 0128 ×0182
7 074 ×0105 0091 ×0128
8 052 ×0074 0064 ×0091
9 037 ×0052 0045 ×0064
紙のサイズイメージ

日本で使われる紙のサイズは、大きく分けてA判とB判の2つの系列があります。A判は世界各国で使われている国際規格ですが、B判は日本独特のものです。
官庁では、長い間B判の使用を原則としてきましたが、1992年11月の各省庁事務連絡会議の申合せ(「行政文書の用紙規格 のA判化に係る実施方針について」)に基づき、1993年4月から行政文書のA判化を計画的に推進し、1997年には行政文書の100%がA判化したとしています。


その他のサイズ

名刺 0055 ×0091
ポストカード 0100 ×0148
大判ハガキ 0120 ×0235
往復ハガキ 0148 ×0200
スタンプカード横型 0054 ×0170
スタンプカード縦型 0085 ×0106
長3封筒 0120 ×0235
角2封筒 0240 ×0332

DTP/印刷の基礎知識へもどる

ページトップ