印刷・DTP用語集 - テクニカルガイド - 印刷・ネットプリントなら印刷通販の【グラフィック】

初めての方へ

印刷の通販【グラフィック】

  •  
  • 新規会員登録

印刷・DTP用語集

ユーザー定義
DTPソフトで、ユーザーが、使用頻度の高いライブラリ等の設定を保存しておくことができる。保存した設定はいつでも呼び出せるのでその都度作成する必要がない。
郵便切手
郵便物に貼り、郵便料を納付したことを証する証票。日本で最初に発行された切手は、1871年(明治4年)4月20日に発行された「竜文切手」で、48文、100文、200文、500文の計4種あった。翌年の1872年(明治5年)には、「銭」の単位に変更された「竜銭切手」が発行された。1883年(明治16年)には「円」の単位が表記された切手が発行された。戦前は「大日本帝国郵便」と表記されるとともに菊花紋章が入っていた(一部例外あり)が、戦後は「日本郵便」と表記されるようになった。これまでに3000種類以上の切手が発行されており、形も長方形だけでなく、円形やハート型、キャラクターをかたどったものなど多種多様である。

印刷・DTP用語集トップへもどる