印刷・DTP用語集 - テクニカルガイド - 印刷・ネットプリントなら印刷通販の【グラフィック】

初めての方へ

印刷の通販【グラフィック】

  •  
  • 新規会員登録

印刷・DTP用語集

用紙設定
DTPソフトで、プリントアウトする前に、用紙サイズ、向き、拡大・縮小率など、用紙に関する設定を行なう。「プリント(ページ)分割を表示」すると、用紙設定に応じたプリント範囲を確認できる。
羊皮紙
英語ではパーチメント(parchment) とヴェラム(vellum) という2通りの呼称がある。前者は高品質な羊皮紙を生産していたペルガモン王国の名に由来し、イタリア語ではペルガメーナ(pergamena)、スペイン語ではペルガミーノ(pergamino)、ポルトガル語ではペルガミーニョ(pergaminho)と呼ばれる。後者は古いフランス語の「子牛」に由来。語源はともかくこれらの定義には混乱があり、一概には区別できない。中世以降、材料にかかわらず高級な皮紙をイギリスではヴェラムと呼ぶようになった。また、皮を利用する動物も、羊(子羊)・山羊(子山羊)・子牛の他に多様な動物の皮が使われたので、日本語の「羊皮紙」という言葉も適当とはいえず、ヴェラムを「犢皮紙(とくひし)」と呼び替えることもある。
横当て
枚葉印刷機で印刷する場合、版に対して天地左右つねに一定の位置で紙を給紙する必要がある。その紙の左右方向(横方向ともいう)の位置を決める装置を「横当て」という。一般の印刷機の場合、まず「前当て」に紙のくわえ端を当て、次に横針によって横当てに紙の横縁を当てて印刷位置を一定にする。
横通し
巻き取り紙印刷機で印刷しうる紙幅が、印刷用紙の原紙規格判寸法の横幅寸法となっている場合の呼び方。この場合、巻き取り紙印刷機のシリンダー幅は、原紙規格判寸法の横幅寸法となる。

印刷・DTP用語集トップへもどる