印刷・DTP用語集 - テクニカルガイド - 印刷・ネットプリントなら印刷通販の【グラフィック】

初めての方へ

印刷の通販【グラフィック】

  •  
  • 新規会員登録

印刷・DTP用語集

焼き落とし
平版の刷版を製版する場合、不要な絵柄、濃度管理用ケージ、見当合わせ用トンボ、汚れの原因になる非画線部など、原版で不必要な部分をマスクを使用して露光・消去する。印刷する際に、必要な画線部以外の汚れをできる限り除去するために行う。
焼き込み
感光膜を有する版材・フィルム・印画紙などに、原板を密着または拡大・縮小して露光する際、原板の持つ階調を意図的に変化させるために露光量を調整すること。
約物
句点、読点、括弧類などの記述記号の総称で、もとは印刷用語で「しめくくるもの」の意味。参照符、数字記号、化学記号などは「記し物」といい区別している。約物は普通発音されないが、慣用的に用いられたり文に意味付けを加えたり、音の表現でしかない平仮名や片仮名で表現しきれない意味付けを表現するのに使われる。また、文字しか使えない電子メールや電子掲示板などで使われるアスキーアートで約物を使うこともあるが、これには約物としての意味はない。
ヤレ
印刷物を作る過程で、無駄になってしまった用紙。ヤレは、印刷の際に見当合わせや色調整で使用した用紙を指すことが多く、印刷はされていても製品にはならない。この紙は必ず発生するものなので、印刷会社では実際の印刷に必要な用紙よりも多く紙を仕入れる。これを予備紙という。また印刷工程に入る前に発生するヤレもある。例えば用紙販売会社から紙を入荷した段階で、まれにワンプごと折れ曲がっていたり、用紙の水分量がバランスを欠いて四辺が反り返っている状態になっているものがある。こういった用紙は印刷機を通らないので、ワンプを開封する前に返品をする。

印刷・DTP用語集トップへもどる