印刷・DTP用語集 - テクニカルガイド - 印刷・ネットプリントなら印刷通販の【グラフィック】

初めての方へ

印刷の通販【グラフィック】

  •  
  • 新規会員登録

印刷・DTP用語集

透過原稿
印刷用原稿の一種。ポジやネガ、OHPのように、光を透過させることで像を得るタイプの原稿のこと。主としてポジカラーフィルムのことをいう。原稿の背後から光を透過させて直接見るため、通常ののように反射光で見るタイプの原稿に比べ色の階調差が多く、濃度や彩度も豊かな像を得ることができる。スキャナーで透過原稿を読み取る場合は、フィルムスキャナーと呼ばれる特殊なスキャナーが用いられる。家庭用のフラットベッドスキャナーなどでも、透過原稿ユニットと呼ばれる装置を装着することで、透過原稿を読み取ることができる。なお、光を透過させる透過原稿に対して、反射光で見るタイプの原稿は、反射原稿と呼ばれる。
陶器印刷
陶器に絵付けする印刷方法。特殊転写紙を貼り付けて約800℃で焼成する「転写絵付け」のほかに、素焼きの陶器に直接印刷してエンボス調に仕上げる「撥水絵付け」、図柄を銅版でおこす「銅版絵付け」、温度によって図柄が消えたり現れたりする「感応絵付け」などさまざまな印刷手法がある。
同時プリント
カメラフィルムの現像と焼き付け(プリント)をセットで行うこと。元々は、現像してネガをつくり、ネガの中からプリントするものを選んでいたが、同時プリントではその手間がなくなった。また現像代とプリント代それぞれ料金が設定されていたが、プリント代0円などのサービスが出現し低価格化が進んだ。
謄写印刷
いわゆる「ガリ版印刷」のこと。孔版印刷の一種。1893年、トーマスエジソンによって原型が作られ、日本の堀井新治郎によって改良された。簡便な方法の印刷であるため、発明されて以来日本では広く普及し、古い日本の文化ともいえる。学校のテスト用紙などは教師自身が謄写印刷機を用いて印刷していた。軽印刷分野において、経済性、簡易性などの利点のため小部数の印刷に適している。
謄写版
孔版印刷の一種。いわゆる「ガリ版」。ロウ紙と呼ばれる原紙をやすりの上に置き、先のとがった「鉄筆」でその原紙に傷をつけ、無数の孔を開けることにより版を作った。修正する場合は、孔を埋める液を塗った。原型を発明したのはエジソン。それをもとに1894年、日本の堀井新治郎父子が改良し謄写版を完成させた。
胴刷り
枚葉印刷機での印刷中に、が供給されない状況で版またはブランケット胴が直接圧胴に当たり絵柄が転写されてしまうトラブルを「胴刷り」という。胴刷りが起こってしまうと、圧胴に転写されたインキがその後に供給されたの裏面に転写されてしまい損紙となる。最近の印刷機はミスフィードを検知する機能を有し、自動的に胴刷りを回避する機能が取り入れられているため、トラブルは大幅に減少した。
胴張り紙
凸版印刷機の圧盤、圧胴を覆う用紙。印刷機のブランケット胴とブランケットの隙間にはめこむ「キャリブレーションシート」のことを指す。印刷の品質を一定に保つために、印刷機の加圧を調整する役割を果たす。
銅板
銅製の板。柔らかいため加工しやすく、さまざまな処理が可能で、熱伝導性が高い。銅版印刷の版として活用されるほか、写真印刷や商品のパッケージなどに多く使用される。工業用のグラビア印刷では、銅製のローラーを版として活用。腐蝕、レーザー彫刻などによって製版された刷版を、インクに浸して凹部にインクを充填し、凸部に付着したインクを取り除いた後、版と紙を圧着して印刷される。
銅版印刷
凹版印刷、エングレービング(Engraving)とも呼ばれ、世界で最も高級でフォーマルな印刷といわれている。銅版印刷は名前の通り銅版に彫刻する。これにより銅版の表面が凹版になり、そこにインクを流して印刷する。細い線の再現性が高く、インキの濃度も高くでき、色に深みがでる。紙幣や切手、パスポートの一部に銅版印刷が使われている。
当方紙
印刷会社が自社で購入して管理する紙のこと。対義語は「先方紙」で、出版社など発注者側が用意する紙のことを指す。どちらの言葉も、印刷会社同士で業務を受け渡す場合などにまれに使われていた。
透明インキ
光を透過するカラーインキ。下地を被覆する力は弱いが、透過光で見る色彩は鮮明になる。OHP、カラーフィルター用印刷などで使われる。なお単色の印刷では紙が透けるような効果が現れ、混色印刷では刷る順番によって裏写りなどが見られ、仕上がりが異なってくる。
銅凹版法
1808年にアメリカのパーキンスによって開発された銅版画手法。版面の凹部にインクを詰め、圧力をかけて印刷する。凹部をつくる方法は大別して2つあり、直接版を彫るエングレーヴィング、腐蝕させて間接的に版をつくるエッチングなどの技法がある。読み方は「どうおうはんほう」。
トゥルータイプフォント
フォントの規格のひとつ。Apple社とMicrosoft社が共同で開発したアウトラインフォント。ドット(点)で表現するドットフォントは拡大・変形すると輪郭がギザギザになるが、アウトラインフォントは輪郭をオンカーブ点、オフカーブ点と呼ばれる複数の点の集合として表現するため輪郭線の境界はあいまい。これスプライン曲線と呼び、なめらかな輪郭線を表示することができる。Mac OSやWindowsなどで標準的に使用されている。
特色
Cシアン、Mマゼンタ、Yイエロー、K墨のプロセスカラー基本4色以外に、特別に調合された色。 2色刷りの印刷や単色刷りでスミ以外で効果を出したい場合などで使用される。DICカラーなどがよく用いられる。
塗工紙
印刷適性のアップを目的に、の表面に白色顔料や接着剤などを混合した塗料をコーティングしたの総称。塗工量によってアート紙、コート紙、軽量コート紙などと分かれる。
綴じ代
冊子の製本の際に、無線綴じや穴あけなどのために必要なノドの余白。データ作成の際は、ノドマージンはやや広めに必要である。
凸版インキ
凸版印刷で使われる高粘度ペースト状のインキ。合成樹脂、乾性油、溶剤などを釜で加熱溶解してビヒクルをつくり、ビヒクルと顔料をミキサーでプレミキシング。その後、3本ロールミルなどでビヒクルと顔料を均一に混ぜ合わせ、溶剤などを加えてインキのベースを整える。それから色、粘度調整、品質チェックし、仕上げを行って生成する。
凸版印刷
印刷版式の一種である。凹凸のある版の凸部にインキを乗せ、圧力をかけてに転写する。ゴム印や木版画、活版印刷などがこれに当たる。現在行われている凸版印刷では、樹脂凸版印刷やフレキソ印刷が主流である。週刊誌のモノクロページ、シール、ラベル印刷、段ボールライナー、包装フィルムなどの印刷に使用されている。しかしながら凸版印刷は、DTPオフセット印刷の普及によって大幅に減少している。
ドットゲイン
印刷時に網点がつぶれて太くなる現象。インキ、網の線数の他、印刷時の機械や環境の状態などが要因として挙げられる。一般的に本機は校正機に比べて点が太くなりやすい傾向にある。より良い印刷再現を得るにはドットゲインをできるだけ小さくすることが大切で、印刷版を作る工程であらかじめ網点を小さく再現させておくことが通常行われている。なお、オフセットの場合、輪転印刷枚葉印刷と比べて点が大きくなる。
トムソン
抜き型を作り、に穴をあけたり、さまざまな形に抜くこと。ビクとも呼ばれる。 ベースのベニヤ板や樹脂板にレーザーで溝を掘り、その溝に鋼の刃物を埋め込んだもので印刷物などを型抜きする方法もある。型抜きの刃と筋入れの刃を同時に入れることができ、1工程で型抜きと折るための折り目を入れられるのが特徴。パッケージやの加工製品、うちわなどの形を抜くのによく使用される。紙器や段ボールの打抜きに使う金型、刃物を「トムソン刃」といい、「トムソン」という言葉が打抜き加工のことを指したり、打抜き機をトムソンと呼ぶようになった。
本の各ブロックの最初のページに単独でタイトルや見出しを印刷したもの。巻頭のものを本扉といい、章などの区切りに挿入されるタイトルなどが入るページを中扉という。
共紙(ともがみ)
書籍・雑誌などで、冊子の表紙や扉・中扉口絵などを本文と同じ用紙で印刷すること。
ドラムスキャナ
ドラム(シリンダー)と呼ばれる透明の円筒状部品に、原稿を巻き付けて読み取るスキャナ。ドラム部分が高速回転(1000回転〜1800回転/分)し、撮影機器(フォトマルチプライヤ(フォトマル)がドラムのそばを移動しながら原稿を取り込む。反射原稿写真や絵など)・透過原稿(ポジ・ネガ)のどちらからも画像として取り込むことが可能。フラットベッドタイプのスキャナと読み取り方式などが異なり、一度に1画素のみを読み取る構造となっている。速度は遅いが、撮像素子の解像度による制約がないため、一般的に数千〜1万dpiの高解像度を得ることができる。なお、凹凸がある原稿や、厚みのある原稿、曲げることができない原稿は適さないので注意が必要。また厚さも郵政はがき(官製はがき・日本郵便発行の通常はがき)程度が限度となる。業務用としてイメージセッタで印刷物の製版用データ(最大でA0版まで)を得るために使用される。
トランスファ関数
データの値を変えずに、出力時にデータの値を変更させる機能。編集時には通常の状態のままで、出力時には明るさを反転した状態で出力することなどが可能になる。ただし、昨今はWYSIWYG(What You See Is What You Get)が主流のため、トランスファ関数を与えるのではなく、Photoshopなどのトーンカーブなどを操作して、あらかじめ画像を変化させておく方法が一般的。また、トランスファ関数に出力機が対応していない(もしくは無効にしてある)場合もあるため、あらかじめ事前の打ち合わせが必要になる。
トリミング
写真原稿の画面の任意部分だけを抜き出し、周囲を切り捨てること。背景に印刷には不要なものがある場合などで使用する。指定では原稿にトレーシングペーパーをかけ、周囲のトリミングを決め絵柄のアタリ線も描き込む。PhotoshopやIllustratorでは主にパスの機能を利用して切り抜く範囲が指定されるものの、人物や動物の毛の部分・自転車のスポーク・籠・花・電線などの切り抜きはパスを生成する作業に多くの時間がかかるため、作業を依頼する場合は注意が必要となる。
トルママ(トルアキ)
文字を削除して、削除した文字の場所をそのまま空けておく校正指示。削除した所を詰める場合は「トルツメ」と指定する。単に「トル」とあるときは、一般的に「トルツメ」と同じ意味で使う。
ドロップシャドウ
DTPソフトで、オブジェクトに影を付ける機能。影の色は好きなカラーか、オブジェクトの色に応じた濃さが選べる。グレースケールデータのときは、カラーはK100%で影を作成。
トンボ(トリムマーク)
印刷時の見当を合わす目安、断裁時の切る所の目安、折加工時の折る場所の目安に使われるマーク。 版下・製版印刷の工程で重要なマークであり、レジスターマークともいう。一般に十字マークを細線で付ける。その形がトンボと似ていることから「トンボ」と呼ばれる。製本工程に必要な目印として、折りの基準を示す「折りトンボ・オリトン」、断裁の位置基準の「コーナートンボ(裁ちトンボ・角トンボ)」などがある。コーナートンボは、仕上がりの四隅に付いているトンボで、内トンボと外トンボで構成。その間隔は通常3mmとなっている。内トンボは仕上がりサイズを指し、内トンボから外トンボの間は裁ち落としのための塗り足し部分となる。
トーンジャンプ
画像描写でハイライト部からシャドー部までのなだらかな階調再現力がなくなり、 部分的に境界ができて、不自然なしま模様や帯のようなものが見えてしまう状態。とくに空や人間の肌といった微妙なグラデーション部分で目立つ現象である。スキャナーに問題のある場合や、撮影画像に過度な加工補正を加えた場合などに起りやすい。ヒストグラムを確認すると、櫛の歯のように階調が抜けていることがわかる。

印刷・DTP用語集トップへもどる