印刷・DTP用語集 - テクニカルガイド - 印刷・ネットプリントなら印刷通販の【グラフィック】

初めての方へ

印刷の通販【グラフィック】

  •  
  • 新規会員登録

印刷・DTP用語集

耐候性インキ
紫外線による退色に耐性を持たせた特殊なインキのこと。印刷物は紫外線を浴びることで早く劣化するため、おもに屋外に掲示されるポスターや看板の印刷に使われることが多い。一般的なフルカラー印刷では構成色のCMYK4色の中で、Y(イエロー)とM(マゼンタ)が退色しやすく、C(シアン)とK(ブラック)は退色しにくい傾向にある。
耐刷力
ひとつの印刷版で印刷できる限界の通し枚数のことで、印刷機のシリンダやローラーにもこの特性が要求される。一般に印刷物の品質が明らかに低下し始めたとき、その印刷版の寿命が尽きたと定義される。
退色
印刷物や紙などの色が変色し、薄くなる現象。湿気や紫外線など外気の影響に加え、時間の経過でも退色は進行する。退色に耐性を持たせたインキは「耐候性インキ」と呼ばれ、屋外掲示のポスターや看板などに使われる。
タイプライター
文書を作成するための補助として使われた機械。活字が仕込まれたキーをタイプし、カーボン紙やインクリボンを介して、紙の上に文字を印字する。1800年代のイギリスで生まれたとされ、1900年代には欧文のタイプライターは標準化。その後電動式や電子式など、産業技術の発展とともに進化していくこととなる。日本でも1900年代に入りカタカナの印字を可能にしたタイプライターが存在したが、ひらがなや漢字の印字には対応できなかったため、西欧諸国ほど普及はしなかった。国内において文書作成装置が一般に広まるのは、1970年代終わりに「かな漢字変換」機能を加えた日本語ワードプロセッサが登場してからとなる。現在ではタイプライターのハード面での技術開発は極めて限定的で、コンピューター上のソフトウェアとして利便性が追及されている。
タイポグラフィ
印刷物の可読性や視認性を高めるため、活字の書体(フォント)や字体の大きさ(ウェイト)、文字と文字との間隔(カーニング及びスペーシング)、行と行との間隔(レディング)、活字が占める領域の配置や構成(レイアウト)などを整える技法の総称。単に活字の指定だけを指すのではなく、商品名を表すロゴなどグラフィカルデザインもタイポグラフィに属する。
ダイリソ印刷
ブランケットを使用せず、平版で直接、インキ印刷する方法。ダイレクトリソグラフィの略。湿し水とインキを同時に版に与えて印刷するのが特徴で、凸版から平版に新聞の印刷方法が変わる過程で改造されて開発された。開発者は、アメリカの新聞発行者協会技術研究所(ANPA‐RI)。
ダイレクト印刷 
刷版を作らず印刷を行う方式。またはこの方式を利用した印刷システムのこと。オンデマンド印刷などのプリント方式で、レーザープリンタやインクジェットプリンタで出力する場合などがこれに当てはまる。製版フィルムの出力コストやプリプレスの作業時間が削減されるため、低コストが実現する反面、品質面では少し劣る場合がある。資料集やテキストなどを小ロットで印刷する場合などに利用される。
ダイレクト刷版
別名CTP(computer to plate)。DTPで作成されたデータを、イメージセッタなどを用いて版に直接出力する方法。従来は、レイアウトソフトで作成したデータを印画紙や製版フィルムに出力してから製版していたが、現在はCTPによって直接、刷版に焼き付けることが可能になっている。
台割表
ページ物の印刷物の制作する際に、表紙から裏表紙までの全ページに至る構成と内容を確認できるようにした表。編集段階から印刷製本工程までのチェックシートとして使う。ページ数が増えるほど、全体の把握が難しくなるので作っておくとミスを防ぐことに役立ち便利。
多角形ツール
Illustratorの機能で、正多角形のオブジェクトを作成するツール。画面上をドラッグするか、クリックして表示させたツールオプションウィンドウで、半径と辺の数を指定することによっても描ける。
タコ印刷
インキを盛った凹版に、弾力性のあるシリコンゴムのパッドを圧着させて、その表面にインキを移した上で、被印刷体に転写する印刷手法。別名パッド印刷。シリコンゴムが使われるようになる前は、ゼラチンなどが利用されていた。ゴムやゼラチンなどやわらかい物質を使用することから、タコ印刷と呼ばれる。
多色印刷
本来は、製版印刷の方法に関係なく、2色以上のインキを使って刷り重ねることの総称。ただし現在では、CMYKの4色以外にインキを追加して印刷することを指すようになっている。6色印刷の「ヘキサクローム」やCMYKRGBと7色分解する「スーパーファインカラー」などがある。
断ち落とし
写真やイラスト、網やパターンといった図版を、ページの仕上がり線より3ミリ程度はみ出させて配置する技法。仕上がり線ピッタリに合わせるように図版を配置すると、断裁した際に意図しない余白が入り込むことがあるため、あらかじめ仕上がり線を越えるように図版を配置し、万が一にも余白が入り込まないようにしておく。図版の仕上がり線からはみ出した部分は「塗り足し」と呼ばれる。
縦中横(たてちゅうよこ)
縦組み(縦書き)の文書の中で横組み(横書き)の表現をすることである。JIS X 4051の規定によって「たてなかよこ」とは呼ばない。縦中横の処理は、一般的に2文字〜3文字の数字などに対して行われる処理。文字を回転し、文字方向を一定の方向に保つことで読みやすさと見栄えを向上させることを目的としている。
ダブルトーン
単色(モノクロ)原稿に対して、2種類のグラデーションの異なる製版フィルムを用意して版を刷り重ねる技法。スクリーンの角度を変えた2種類の製版フィルムを作成し、1色で2度刷り重ねるか、2色の異なるインキを刷り重ねて行う。使える色の数に制限がある状況で、写真やイラストを美しく見せるテクニックとして使われている。
タブロイド判
新聞判型の一種で、通常の新聞の半分程度の小型のものを指す。一般紙やスポーツ新聞などの大きさのものは「ブランケット判」と呼ばれる。中綴じで針金は打たないのが一般的。
試し刷り
本刷りの前に行われる印刷のことで「仮刷り」とも呼ばれる。原稿と突き合わせ、誤植や体裁上の不備を正し、デザインや発色の確認も行う。発色の確認を行う校正を「色校正」と呼び、この段階で文字修正は完了しているのが望ましい。
断裁
印刷製本の加工工程のひとつで、印刷されたや白紙を断裁機で切る作業のこと。印刷製本の事業所、断裁機メーカーによっては裁断・裁断機という表現を用いることもある。
段組
「段」とは文章などをレイアウトする際に同一ページをいくつかの段に分けた場合の ひと区切りのこと。つまり「段組」は1ページを2段以上に分けて組むことを指す。表組・写真などの大きさはこの段の単位で設定される場合が多い。書籍、雑誌、新聞などで広く用いられる手法で、マルチカラム(コラム)デザインとも呼ばれる。
ダルアート紙
塗工紙のつや消し仕上げのひとつ。印刷された部分のみ冴えた光沢が出るようになり、印刷されてない白紙面は光沢が抑えられ、ダル調の仕上がりになる。高級感のある用紙であり、高級美術書・写真集・雑誌の表紙・ポスター・カレンダー・カタログなどに用いられる。用紙の特性上、印刷彩度はあまり落ちず、光沢を持った状態で印刷される。
ダルマット紙
上質紙をベースにマット系の塗料を塗布した用紙のことを指す。印刷されていない 部分の光沢が抑えられており、また、インクがのった印刷部分は光沢が出るようになっている。用紙の特性上、印刷彩度はあまり落ちず、光沢を持った状態で印刷される。

印刷・DTP用語集トップへもどる