印刷・DTP用語集 - テクニカルガイド - 印刷・ネットプリントなら印刷通販の【グラフィック】

初めての方へ

印刷の通販【グラフィック】

  •  
  • 新規会員登録

印刷・DTP用語集

リーフレット
一枚の印刷されたカタログのこと。主に宣伝広告や案内、説明を目的として使用される。類義語として複数ページに印刷され仮綴じの小冊子である「パンフレット」、綴じ込み式の冊子である「カタログ」がある。リーフレットは折り込みチラシと比較すると、紙質や形状から高級感がある。また、複数ページに及ぶパンフレットと比較すると持ち運びが容易である。ちなみにサイズは、A4以下のものが多く使用され最も標準的な仕様はA4の三つ折サイズ。
立体印刷
平面の物体でありながら、立体表現や動画表現が可能な印刷物のこと。視差のある2枚の画像を、一平面上に0.5mm前後のピッチで交互に印刷し、厚さ1mm前後、ピッチ0.5mm前後のかまぼこ形の凸レンズが並んでいるプラスチック製のレンチキュラースクリーンと呼ばれる特殊なレンズを通して見る。この効果によってもたらされるユニークで洗練されたイメージは、2次元では表現しきれないコミュニケーションツールとして話題になっている。
リップ
DTPで作ったポストスクリプトデータを、出力のためにプリンターやイメージセッタの出力解像度に合わせてビットマップデータに変えるプロセッサのことを指す。数式で記述したポストスクリプトデータを解読し、それに基づいてビットマップ画像として展開し、そのデータを出力機に送るソフトウェアやハードウェアである。リップには2種類あり、プリンターやイメージセッタに組み込まれたハードウェアリップと、パソコン側で処理するソフトウェアリップがある。
リッチブラック
ブラックインキ1色で表現したブラックではなく、他の色を混ぜ合わせることにより深みのある濃いブラックにすることをいう。ただし、CMYKすべて100%の総ベタにしてしまうと乾きに時間が掛かり、インキが剥がれてしまうトラッピング、の裏にインキが写ってしまう裏うつりなどの問題を発生させる場合がある。一般的に、リッチブラックの各色カラーの割り当ては、シアン60%、マゼンタ40%、イエロー40%、ブラック100%が適度だといわれている。
輪転印刷
500枚を超える大量の印刷に適した印刷方法。輪転印刷には、連続的なロール紙が使用される。ロール紙はプレスに早い速度で取り込まれ、高速・高精度の印刷を実現。1時間で1万個のイメージを生産する枚葉印刷に比べて、同時間で4万個のイメージを生産できる。また輪転印刷では、プレスの中でが正確なサイズに整えられて折り重なる。この自動化された折り畳み技術が大量印刷をする際に作業時間を短縮してくれる。
リフレクト
Illustratorで、オブジェクトを反転させるツール。ダブルクリックで水平or垂直、角度などを選ぶこともできる。

印刷・DTP用語集トップへもどる