印刷・DTP用語集 - テクニカルガイド - 印刷・ネットプリントなら印刷通販の【グラフィック】

初めての方へ

印刷の通販【グラフィック】

  •  
  • 新規会員登録

印刷・DTP用語集

ネイティブ形式
各アプリケーションの標準の保存形式。Illustlatorならai形式。Photoshopならpsd形式。psd形式の場合、レイヤーや効果等細かい情報を保持できるので作成途中の段階ではpsdで保存するのがおすすめ。
ネオン光彩
Illustlator、Photoshopの[アーティスティックフィルタ]の一つ。描画色とネオン光彩の設定色の組み合わせで、さまざまな光彩効果を追加。鮮やかに発光するネオンをつくれるが、CMYKで再現できない色には注意する必要がある。
ネガタイプPS版
光を当てると硬化するジアゾ系・ニトロ系化合物の感光剤を、あらかじめアルミニウムや紙などのベースに塗布したオフセット印刷用の版材。英語表記はPre-sensitized Aluminum Plate。PS版の印刷では、露光不足だと網点が太り非画線部に感光層が残り、汚れが目立つため注意が必要。なお、ポジタイプPS版では、感光剤の層が露光によって溶解して画像部を形成する。
熱定着
熱を利用してトナーを用紙に定着させること。赤外線輻射熱や対流熱によってトナーを固着させる「オーブン定着」、加熱したローラーでトナーと用紙に熱供給する「熱ローラ定着」、キセノンランプなどの閃光によってトナーを定着させる「フラッシュ定着」などがある。
念校
校了責了の前に念のため行う校正またはその校正刷りのこと。再確認する場合に刷る校正刷りのことも指す。赤字修正の指示が多い原稿などに対して、「要念校」など指示する場合がある。

印刷・DTP用語集トップへもどる