印刷・DTP用語集 - テクニカルガイド - 印刷・ネットプリントなら印刷通販の【グラフィック】

初めての方へ

印刷の通販【グラフィック】

  •  
  • 新規会員登録

印刷・DTP用語集

中黒
くぎり符のひとつでボディの中心に置いた小さな黒丸(・)。名詞や代名詞を並列する場合その語間に、また、外国の固有名詞(人名など)で2語以上からできている場合その間に使う。中ぽつや中点、黒丸、黒ポツともいう。新聞記事などでは全角文字を使用する都合上、小数点に全角の中黒を用いる。箇条書きのはじめに用いられる記号はビュレットと呼ばれる別の記号である。
中綴じ
製本方法のひとつで、折丁と表紙を同時に針金で綴じる製本方式。「背綴じ」という呼び方もある。パンフレットや週刊誌など比較的ページ数の少ない冊子に採用される。本文と表紙をいっしょに丁合いし、背側を表紙ともセンターページで2〜3ヵ所固定する。週刊誌・カタログなどで多用され、ページ数の少ない薄手のものや見開きの良さが求められる。料金は比較的安価。
中扉
本の編、部、章などの区切りに、本文中に挿入される丁またはページ。 大型の辞書など、ページ数の多い書物で、内容の区切りごとに付けられる。通常は本文と同じを使い、裏を白にするが、別のを使ったり、印刷の色を変えたりすることもある。本文と同じを使ったときには、中扉も本文ページとして数え、そうでないときはページ数に入れないことが多い。
なげなわツール
DTPソフトの範囲選択ツールのひとつ。その中でもなげなわツールは、ドラッグ操作によって、描いた曲線で自由に範囲を選択できる。大まかに選択したい場合などに有効な機能。
梨地
の表面が果物の梨の表面のような状態であること。エンボス加工の一種。表面がざらざらしているためツヤはない。優れたインキ受理性、乾燥性、温かい肌ざわりとエンボスを活かした立体感のある表現を可能にする。インクを使わずに模様を入れたり、薄いを一枚一枚はがれやすくする効果もある。
捺染インキ
布地や繊維製品に印刷するためのインキ。「なっせんいんき」。紙と比較し、繊維製品は日光や洗濯、汗、摩擦など使用環境の影響を受けやすいため、紙印刷用インキより高い耐久性が求められている。繊維の素材によって染まり方が異なるため、ポリエステルでは分散染料、綿製品では反応性染料など素材別にインキがある。また、直接印刷や輪転印刷といった印刷手法にも関わりがあり、近年は短納期、小ロット生産が可能なインクジェット印刷にも対応したインキの開発が盛んになっている。
ナビゲータ
Illustrator、Photoshop両方にある機能で拡大・縮小を簡単に変更したり、表示したい位置にすぐ移動出来る便利なツール。
並製本
冊子の製本仕上げで、本文を製本してから比較的薄い表紙を針金留めや糊付けなどをして、簡単に仕上げる方法。簡易なパンフレットや雑誌など中綴じ、無線綴じの本などが挙げられる。 パンフレットや雑誌などに見られる針金綴じ、無線綴じの本があげられる。反対語:「上製本」/「上製」

印刷・DTP用語集トップへもどる