印刷・DTP用語集 - テクニカルガイド - 印刷・ネットプリントなら印刷通販の【グラフィック】

初めての方へ

印刷の通販【グラフィック】

  •  
  • 新規会員登録

印刷・DTP用語集

見返し
本の表紙と本文をつなぐ役目がある部分のこと。本文よりも少し厚い紙を使用し、二つ折の一面は表紙の表面に全面接着し、もう一方の面は本文と背側5ミリほどで接着する。全面接着されていない側をさして、特に「遊び紙」と呼ぶ場合もある。
右揃え
DTPソフトの機能で、文字組みをする時、複数行のテキストを右端に揃えて段落をつくることを右揃えという。行揃えには大きく分けて4種類。[左揃え/右揃え/中央揃え/両端揃え]
ミクストメディア
美術作品制作にあたって、複数のメディアや技法を用いること。またその作品自体を指す。美術印刷の分野では、例えばジークレープリントの作品に、絵の具で加筆するなどの手法がよく用いられている。ミクストメディアは、1970年代から美術の世界で使われるようになった。元々は、シュールレアリズムやダダイズムが、反芸術行為として意図的に作品に持ち込んだ異素材を意味するのだが、今では単に、さまざまな材料を併用して作っているという意味で使われることも多い。
ミシン加工
チケットやクーポン券の切り取り線、CDのバックジャケットの折りなどに行われる加工。印刷の後に細かな破線状の切れ目を入れることをいう。ミシン加工をすることで、一部分を切り取りやすくしたり、折りやすくしたりできる。直線にミシン加工をすればよいものは製本ミシン加工機での加工も可能だが、ものによっては厳密さを求められるものもあり、この場合には型を作りミシン加工を行う。
ミスチング
印刷機の回転中に、機上からインキが噴霧状になって飛散する現象のこと。とくに高速輪転印刷機に多く発生する。原因は、ローラの摩耗やインキの性質などさまざまに挙げられる。
ミスプリント
誤植のこと。「植」は「写植」の植であり、もともとは活版印刷の組版で間違った活字植字してしまうことを指したが、現在は印刷物全般に対して用いられる。
見開きページ
InDesignで冊子データを作成する場合には、新規ドキュメン作成の画面で「見開きページ」オプションにチェックを入れておく。このときあらかじめページ数を設定しておくことも可能。

印刷・DTP用語集トップへもどる