印刷・DTP用語集 - テクニカルガイド - 印刷・ネットプリントなら印刷通販の【グラフィック】

初めての方へ

印刷の通販【グラフィック】

  •  
  • 新規会員登録

印刷・DTP用語集

明度
色の三属性のひとつ。明度の高い色とは明るい色のことであり、低い色とは暗い色のことである。白や黒など色を持たないものを「無彩色」といい、これを基準に明度は決められる。すなわち無彩色の中で最も明るい白を明度10とし、最も暗い黒を明度0とする。そして、その中間の明るさである灰色に2〜9の数字を割り当てて表現する。理想的には白は光の全反射、黒は全吸収するものが物理的定義であるが、現実の色見本などでは不可能なので、白は9.5、黒は1の値を用いる。
メジューム
インキ用ワニス単独、または白色顔料のみを分散した無彩色希釈用インキのこと。印刷インキの補助剤のひとつで、主に希釈、光沢付与の目的でインキに混ぜる。主成分の違いにより、透明性が強い物と、不透明性の強い物に分けられる。グロス向上、マット化などの特殊用途にも用いられる。
メゾティント
IllustratorやPhotoshopで、画像やオブジェクトをランダムなパターンに変換できるピクセレート効果を出すフィルタ。ダイアログボックスでパターンを選択できる。カラーにメゾティントを適用した場合、非常に彩度が高くなるのが特徴的。
メゾチント凹版法
版画技法のひとつ。銅版画は、凹版を製版する技法によって直刻法と酸腐蝕法に大別できるが、メゾチント凹版法は前者である。まず版面にニードルなどの針状または刀状のもので、縦・横・対角線の各方向に線あるいは点刻線を平行して密接に刻む。ここで版面は、一面ドライポイントのまくれをともなう線で覆われる。それを、先のとがったこて状のスクレーパーで削り取り、へら状のバニッシャーでつぶし、磨くことによって図像を表わしていく。凹部にインキをつめ、プレス機で紙に刷り上げると、最も磨かれた部分は白く、まくれを完全に残した部分は黒く、その間に磨き加減によって無限の明暗の階調が表われる。メゾは「半ば」、チントは「色調」の意。17世紀中頃、オランダのジーゲンによって発明され、イギリスやフランスで主に絵画の複製技法として流行した。20世紀に入ると、ブランや長谷川潔などがメゾチント版画の制作を行った。
メタデータ
あるデータに関する情報を持ったデータのことを指す。データそのものではなくデータについてのデータであるため、メタ(上位)データと呼ばれる。メタデータとして記載される主な情報としては、著者、作成日、文書タイトル、著作権情報や関連キーワードなどが挙げられる。例えば、HTMLにおけるタイトル要素などはメタデータであるといえる。メタデータは検索を行う際などに特に有用な仕組みであり、膨大な量のデータから特定の情報を見つけたり、あるいは整理したりする作業を簡略化することができる。
面掛け
用紙の片面に印刷されるページ数のこと。ページ数によっては、同じものを2通り、4通り掛けする場合もある。
面付け
紙の全判1枚から目的のサイズが何枚取れるかを指す。パンフレットや本を作るときには、面付けを考慮して用紙のサイズを選択することが重要である。無駄がなく最適な原稿サイズは、本や印刷物がA系列ならA列本判、B系列ならばB列本判というように基本的には同じ系列の原紙になる。印刷時に1枚の紙に同じ面が複数印刷できるように刷版に焼付け、印刷後断裁する。原紙から取れる枚数により4面付け、8面付けなどと呼ぶ。

印刷・DTP用語集トップへもどる