印刷・DTP用語集 - テクニカルガイド - 印刷・ネットプリントなら印刷通販の【グラフィック】

初めての方へ

印刷の通販【グラフィック】

  •  
  • 新規会員登録

印刷・DTP用語集

マージン
ページの周囲にある空白部分、または段組みした際の段間の余白のことを指す。主に文章のレイアウトに関する用語として用いられる。マージンを除いた部分を版面といい、版面に本文が配置される。マージンには、ヘッダーやフッター、ノンブルなどが配置されることが多い。冊子形式で見開きページにした場合、その位置によって、上側を「」、下側を「地」、外側を「小口」、内側を「のど」と呼ぶ。
枚葉印刷
「枚葉」とはの形態のことであり、全判・半裁・4裁など一定の大きさに断裁した用紙のこと。1枚、2枚と数えることができるため「枚葉紙」と呼ばれている。「枚葉印刷」は1枚1枚のを印刷機に通して印刷する方式のこと。凸版、オフセット、グラビアの名を冠するのが一般的。カタログ、チラシ、パッケージ、POPなどの印刷に向いている。オフセット印刷では、他に輪転印刷がある。
枚葉紙
造られた後一度巻き取られた菊判、四六判などに断裁された紙葉。巻き取り紙に対して用いられる。用紙が1枚、2枚と数えられるので「枚葉」という。また枚葉紙に印刷する印刷機を枚葉紙印刷機と呼び、凸版、オフセットの名に冠するのが一般的。枚葉印刷は、1枚1枚のを印刷機に通す印刷方式で、輪転印刷機に対していう。
巻取紙
切り揃えずにロール状に巻いたままの印刷用紙。輪転印刷機で使われる。
膜面
フィルムなどで感光膜が塗布されている面。感光剤として各種の乳剤が塗布してある。製版用フィルムも同様で、現像後に網点などが残るのも膜面側であり、取り扱いに注意が必要である。裏側はベース面という。
増し刷り
別名、「増刷(ぞうさつ)」とも呼ばれる。雑誌の発行部数は、発行時期や編集内容によって、通常号よりも多く印刷されることがあり、このような場合を「増し刷り」(増刷)と呼ぶ。印刷の際に、修正なしでそのまま追加印刷する「追い刷り」のことも、「増し刷り」という場合がある。
マスキング
ある色空間から別の色空間に変換する際に使われる色処理手法のひとつ。入力色空間にマトリックス演算を施して出力色空間を求める手法である。通常、色空間は3次元のため、線形ならば3×3マトリックスとなるが、入力の2乗、クロスタームなどを加えて次数を高めていくことが可能。次数が高ければ変換精度が上がるが、画像処理の規模は増大する。
マスク
写真製版におけるマスキングの材料のことで、ある特定の部分を製版カメラから遮断する目的で作られた遮光材料を指す。切り抜きの指定になっている部分を消すときなどに使う。フォトショップでは、画像処理を行うときに画像の中の処理を施したくない部分を保護するために「マスク」を使う。イラストレーターでは画像を窓から覗かせるように、ある形の内側だけに画像を表示させる処理を「マスク」と呼ぶ。
マスターページ
InDesignやQuarkXressなどのページレイアウトソフトで、繰り返し使用するレイアウトを収める台紙。冊子などのフォーマットの決まった印刷物で使用すると効率的。
マスターペーパー
おもに軽印刷に用いられる紙をベースにした印刷版の総称。電子写真法か銀塩写真法によりダイレクト製版にて版を作る。
マットアート紙
マット紙よりも1ランク上の紙でダル系アート紙。平滑度はコート紙よりも低めになっている。優れたインキの発色性・網点の再現性があり、美術書や高級パンフレット、高級カタログに多く使用される。マットコート紙との違いは、紙面・印刷面ともに光沢を抑えたマット紙に対して、紙面の光沢は抑えつつ印刷面は光沢が出るように仕上げられている。
マットインキ
印刷仕上がり面に光沢が出ない印刷インキ。一般に、油性のビヒクルを用いた印刷インキは相当の光沢を有する。
マットコート紙
上質紙をベースにマット系の塗料を塗布した用紙のことを指す。マットコート紙は、表紙の表面の平滑度が低いため、絵柄にベタの面積が多い場合は用紙同士が擦れてインキが落ちたり、転移する場合がある。用途は、美術書、写真集、ポスター、カレンダーなど。用紙の光沢が抑えられているため上品に感じ、長時間見ていても目が疲れにくいという特徴がある。
マチ
封筒や袋の厚みの部分を指す。正面から見て両側にあたる部分。マチの付いた封筒印刷をする場合は印刷範囲に多少制限があるので注意が必要。マチ付きの封筒の場合、マチの部分はが4重の厚みになっているため、他の部分と大きな段差が生まれる。そのため、段差を避けて印刷する必要がある。基本的には、底から約40mm、左右端から約20mmずつは印刷不可。
丸版
写真やイラストを正円または、楕円の形で使用することを指す。また、正円または楕円の形でトリミング(切り抜き)することも指す。ある部分を拡大して見せたいときや、人物の印象をやわらげたいときに利用する。他にも誌面に写真を載せるときの写真の形状には、写真を四角で使うスタンダードな使い方の「角版」。写真の中の人物やモノの輪郭を切り抜いて使う「切り抜き」などがある。

印刷・DTP用語集トップへもどる