印刷・DTP用語集 - テクニカルガイド - 印刷・ネットプリントなら印刷通販の【グラフィック】

初めての方へ

印刷の通販【グラフィック】

  •  
  • 新規会員登録

印刷・DTP用語集

クイックオフセットインキ
油性で粘度が高いオフセットインキのひとつで、通常のものより乾燥が早いという特徴を持っている。表面を印刷した直後に裏面を刷り始めることができるので、印刷納期を短縮したいときに使われる。
グーテンベルグ
ヨハネス・グーテンベルク。ドイツ出身の金属加工職人で。1445年ごろに活版印刷技術を発明し、旧約・新約聖書(ラテン語版)を印刷したことで知られる。彼が開発した印刷システムは急速に普及。大量の印刷物を生み出し、ルネサンス期における情報伝播速度を飛躍的に向上させた。
口絵
書籍や雑誌などで、巻頭に入る写真や絵のこと。本文の前に、別丁で「口絵」を入れる場合もある。また、本文がモノクロであっても、「口絵」は別のを使ってカラー印刷することも。本文と用紙を変えれば、「口絵」ページを効果的・印象的に見せることができる。よく印刷で使われる用紙として、アート紙上質紙などがある。
口糊
表紙と見返しとを接着させる方法の一種。本や雑誌の切断面となる、前小口側の一部(幅15mm)に糊(のり)を塗布し、見返しと表紙とを接着させる。また、封筒のフタ部分に糊が塗布されていることも「口糊」と呼ばれている。封筒の口糊加工は、用途に合わせてアラビア糊や両面テープ、ホットメルトなど、いくつかの加工方法がある。
グラデーション
グラフィックデザインの手法の一つで、異なる2色の濃淡が段階的に変化していく表現のこと。明度差や彩度差を使って、色のボカシを施したもの。「階調」「連続階調」とも言う。「階調」の場合は、色のなめらかな推移ではなく、2色間にいくつの中間色を持つかという精度の値を示すことが多い。具体的には、白から黒への「グラデーション」、黄から緑への「グラデーション」などが挙げられる。
グラシンペーパー
化学パルプを長時間圧縮・平坦化し、強力な圧力でローラー加工した薄紙。半透明で耐脂性に優れており、薄さのわりに強度が高い。身近なものとしては書籍や菓子の包装紙としてよく使われている。
グラビアインキ
グラビア印刷に用いられる溶剤蒸発乾燥型インキ。プラスチックフィルムなどに多く用いられ、レトルト食品やスナックの袋などに使用されている。 組成成分の違いによって「トルエンインキ」「ノントルエンインキ」「水性インキ」の3種類が存在。かつては印刷適性の高さや乾燥の早さからトルエンインキが多く使われていたが、引火しやすく健康や環境に影響があることから、トルエンの含有量0.3%未満に押さえたノントルエンインキが台頭。最近では水とアルコールから組成され、有害物質を排出しない水性インキが注目を浴びている。いずれのグラビアインキも食品包装袋などの着色に使われる場合は、袋全体にラミネート処理が施されるため、インキの匂いや成分が食品に移る心配はない。
グラビア印刷
「グラビア印刷」は、凹版印刷の一種。微細な濃淡が表現できるため、美術書や写真集など写真画像印刷に適している。オフセット印刷やフレキソグラフィー印刷と同様、回転式の印刷機を使用。シリンダ(ロール状の版胴)の上に印刷イメージが彫り込まれ、凹んだ版面を活かした印刷となっている。印刷用紙は、枚葉紙(シート状の用紙)ではなく、ロール紙を使う。なお、雑誌のグラビアページは、 芸術印刷が「グラビア印刷」だった時代の名残。現在は、グラビアページのほぼすべてがオフセット輪転で印刷されている。
グリッド
DTPソフト上の格子状のガイド。[表示]→[グリッドにスナップ]にチェックを入れておくと、オブジェクトを移動させるときに、グリッドに沿って吸着してくれるので、きれいにそろえて、デザインを整えることができる。
グレースケール
画像を、白黒写真のように白から黒までの明暗だけで表現すること。色の情報を含まない「モノクロ」のことを指す。印刷データにおいては、ブラック(K)1色刷り面を「グレースケール」(CMYKのK版のみを使用した色指定)で作成する必要がある。配置する画像もPhotoshopなどで、「グレースケールモード」へ変換する。一見モノクロのCMYKで表現された黒/グレー、RGBモードで作成された黒/グレー、レジストレーションカラーは、実はCMYK4色のデータ。「グレースケール」とはならないため、モノクロ印刷の際には注意が必要。
グレーバー
印刷面付け時に、仕上がり領域外に配置する印刷管理マークのことを指す。「グレースケールバー」とは別物。製版印刷の色や濃度が正確に反映されているかを確認する。刷版への「グレーバー」の出力状態を管理すれば、製版の品質管理を行うことが可能。なお、「グレーバー」を配置すると、版すべてにそのマークが出力される。
グロス
印刷面に光沢・ツヤを出す加工のこと。の表面に塗料を塗布した塗工紙の中でも、印刷光沢を出した紙を「グロス系」と呼ぶ。白紙光沢、印刷光沢ともに高く、写真を中心とした印刷に適している。例えば高級美術書、写真集、ポスター向けのハイマッキンレーポスト・アートといったアート紙。高級美術書や雑誌のカラーページ向きのコート紙。高級カタログカタログの表紙などに使われる、ミラーマルチ紙・ミラー上質紙といった「キャストコート紙」がある。
くわえ
一定のサイズに切り揃えられた枚葉紙を、印刷機に引きこむ時、用紙を送るためにグリッパー(爪など)で引っかける部分のこと。この余白部を「くわえ代(しろ)」といい、印刷用紙の端に10mm前後の余白が必要になる。「くわえ代」には印刷することができず、化粧断ちによって落とされる。そのため、完成した印刷物に「くわえ」が残ることはない。

印刷・DTP用語集トップへもどる