印刷・DTP用語集 - テクニカルガイド - 印刷・ネットプリントなら印刷通販の【グラフィック】

初めての方へ

印刷の通販【グラフィック】

  •  
  • 新規会員登録

印刷・DTP用語集

菊判(きくはん)
洋紙の原紙サイズの一つで寸法は636×939mm。A列本判よりやや大きいサイズ。または「菊判」原紙を16裁したもの(寸法150×220mm)を指すこともある。ちなみに「菊判」の語源は、この洋紙が新聞用紙として初めて輸入された当時、商標が菊だったこと。新聞の「聞」がキクと読めるため、「菊判」という名称で親しまれるようになったという説が有力。
機密印刷
ICカードや、パスワード認証を使った印刷方法。紙文書からの情報漏えいを防止することが目的。
逆目(ぎゃくめ)
は木材の繊維から作られており、その繊維の流れによって「タテ目」と「ヨコ目」という「紙の流れ目(紙目)」がある。印刷用紙の紙目に平行の方向で印刷されると、曲げやすく折りやすい「順目」になるが、直角だと曲げにくく折りにくくなる「逆目」になる。この「逆目」で製本されると、が波打ちやすくなるなどの弊害が起こり、印刷の仕上がりに大きな影響を与える。
キャストコート紙
一般的な定義では、アート紙よりも鏡のような強光沢の表面を持ち、平滑性の優れた高級印刷用紙のことを指す。コーデットペーパーの一種で、の表面にクレイなどを塗工し、乾燥する前に鏡面状のシリンダ面に押し付けてから乾かしている。キャスト面のインキを吸い込む性質があるため、インキが乗った部分がややマット調な仕上がりとなる。裏面のは銘柄によって違い、表と裏で異なる紙表面を使い分けられることが魅力。一例として「キャストコート紙」としては、ミラーマルチ紙やミラー上質紙、エスプリコートCなどがある。
キャプション
本や雑誌など印刷物に掲載されている図版や写真について、説明のために付け加えられた文字情報のこと。英語の「caption」が、「タイトル、見出し」や「説明」という意味を持っていることから使われている。掲載されている図版や写真などが何を示しているのかを言葉で補足することで、よりわかりやすく内容を伝えることが可能。
級数(Q)
組版や写植で用いられている、文字の大きさを表わす単位の一つ。1級は写植機の送り幅と同じで、1mmの1/4である0.25mm。「級」は「Q」とも表記するが、これは「Q」が英語の「quarter(=1/4)」の頭文字を取ったことに由来する。他にインチを基準にした「ポイント(pt)」があるものの、日本ではメートル法の「級数」が多く使われている。
清刷り(きよずり)
写真製版の版下として用いるために、原版から平滑な白紙もしくは専用のプラスチックフィルムへ鮮明に刷った印刷物のこと。校正を終えた活版から上質紙に原稿を印刷した印刷物自体のことも「清刷り」という。また、ロゴやマークなどを原画として使用できるよう、上質紙印刷したシートのことを指す場合も。ロゴやマークなどの「清刷り」は、色や形の標準となる見本とすることがある。
金赤
一般的には、印刷会社が使用するプロセスインキのY(黄)100%とM(紅)100%をかけ合わせて再現した、やや黄みがかった鮮やかな赤色のことを「金赤」という。七宝焼や江戸切子のガラス工芸で、赤の発色に金(金粉)を使用したことが名前の由来。チラシなどで「金赤」を使うと注目を引く効果があるため、価格やタイトルなど目立たせたい部分に使われることが多い。
曲面印刷
三次元の立体曲面をもつ製品に対する印刷を指す。被印刷体の形状や用途によってスクリーン印刷の他、凸版印刷オフセット印刷タコ印刷などさまざまな印刷方法が用いられる。これら以外にも不規則な形状に対応するためさまざまな技法が開発されており、鉄製のパッドや粘土を用いたもの、水圧を利用したものなどユニークな技法も存在する。
近似色を選択
Photoshopの選択機能のひとつ。すでに選択している色に近い色を全て選択してくれる。同じような機能として自動選択ツールなら《許容値》に応じてワンクリックで近似色を選択してくれる。
禁則処理
DTPなどで、読みにくさや紛らわしさを避けるために、強制的・自動的に文字を移動する処理のこと。原稿用紙に文章を書く場合の禁則と同じルールで、DTPソフトなどにも組み入れられている。例えば、行頭や行末に、句読点や記号などが配置される場合、文章が読みにくくなるため、強制的に配置する場所を移動させる。「、」や「。」といった句読点を、行頭から前の行末へ送ることを「追い込み」。そのまま行末にはみだす処理を「ぶら下がり」。また、行末に「(」や「¥」など記号が置かれた場合に行頭へ送ることを「追い出し」という。
Illustrator、Photoshop、InDesignで、日本語の改行を調整する禁則処理のプリセットがある。 句読点など行頭や行末にきてはいけない禁則文字を調整。段落パレットの禁則処理で「弱い禁則」と「強い禁則」が設定できる。
金属印刷
金属表面に対して行われる印刷のことで、その材質や形状に応じてオフセット印刷スクリーン印刷などが用いられる。金属板という硬い表面にインキが乗っているため、乾燥だけでは色の固着ができない。そのため焼き付けを加える他、特殊な樹脂でコーティングしたり、保護フィルムでラミネートすることも珍しくない。
斤量(きんりょう)
「斤量(きんりょう)」とは、印刷用紙の重さの単位。元々用紙の重量の単位に「斤(きん)」を用いていたことに由来する。全判500枚を1連とし、その重さを「斤」で表示していた。

印刷・DTP用語集トップへもどる