印刷・DTP用語集 - テクニカルガイド - 印刷・ネットプリントなら印刷通販の【グラフィック】

初めての方へ

印刷の通販【グラフィック】

  •  
  • 新規会員登録

印刷・DTP用語集

イキ
校正紙に書き入れた訂正・修正を取り消すこと。「もとの状態を活かす」という意味。校正記号や修正の文字を線で消して、そばに「イキ」と書き込む。校正で入れる修正と同様、片仮名で入れて、原稿と区別がつくようにする。また、製版指定の際、写真やイラストなどの枠の輪郭をそのままいっしょに印刷してほしいときは、「ケイイキ(を活かす)」と書く。逆に、あくまでも製版のための目安として扱い、印刷したくないときは「ケイアタリは当たりをつけるだけに使う)」「ケイシニ(は活かさない=死なせる)」と書く。
板紙
厚紙の一種で、梱包輸送用ダンボールなどに使われ「ボール紙」とも呼ばれる。日常生活で最も身近な厚紙であり、再生紙が多く使われることから自然環境にも優しい。厚く固いのが特徴で、白板紙のように表面を化粧紙で覆ったものも存在する。
糸かがり綴じ
冊子の綴じ方の一つ。本の背に穴を開けて糸でかがっていく綴じ方。接着剤のみで留める他の綴じ方に比べて、一般的に強度があるとされる。表紙がハードカバーのものは、この方法で綴じられることが多い。
イミテーションアート紙
パルプに多量の填料を配合して作られた、強い光沢をもつ印刷用紙。強度に優れ白色が映えるため名刺や高級印刷物で多く使われる。
色あわせ
指定色の見本に合わせてインキを作ること。一般には色あわせの処方例を掲示した見本帳に沿ってインキを混ぜ合わせることが多いが、色の数は無限であるため、見本帳に掲載されていない色に関しては適当なインキを混ぜて作る必要がある。印刷物の用途が多様化している現在では、単に色を合致させるだけではなく、素材への接着性や耐性なども考慮しながら色あわせ作業が行われている。
色かぶり
カラー印刷や写真などで、自然な色にならず、全体的に色のついたフィルターがかかったような印象になってしまうこと。 撮影場所の光源などの影響によって、余計な色が重なってしまうのが原因。例えば、蛍光灯の下で撮影すると、緑色がかった写真になりやすい。これは、蛍光灯には人間の視覚では気づけないレベルの緑色の光が含まれているためである。また、スキャナーで取り込んだ画像には、青みがかった色が加わりやすい。色かぶりは、Photoshopなどのフォトレタッチソフトを用いれば補正することができる。
色校正
カラーの印刷物の色の仕上がりを事前に確認する作業。又は、確認するための校正刷り。
色上質紙
製紙段階で染料で着色した上質紙のこと。略して「色上」。淡クリーム書籍用紙は含まない。色上質紙に単色印刷をすると、2色印刷をしたような効果を得られるが、仕上がりは予想しにくい。
色刷り
赤や青など、黒以外の色を用いて印刷する工程のこと。または、その工程を経たカラーの印刷物を指す。もっとも一般的なオフセット印刷の「フルカラー印刷」ではC(シアン)、M(マゼンダ)、Y(イエロー)、K(ブラック)の4色をかけ合わせることで、さまざまな色彩を表現できるのが特徴。黒一色(モノクロ)だけで印刷するものは「単色刷り」と呼ばれる。
色パッチ
印刷物に刷られるシアン(C)、マゼンタ(M)、イエロー(Y)、ブラック(K)の印のこと。単に「パッチ」と呼ぶこともある。印刷時に、各色の濃度が適正かどうかを確認したり、色抜けがないかを確認するために使用する。また、積み上げた印刷物を側面から見ると色パッチがきれいに揃うため、印刷がズレたり折れたりしていないかどうかの確認が容易になる。
色分解
カラー原稿を印刷するために、原稿の各色をフィルターを通して、シアン(C)、マゼンタ(M)、イエロー(Y)、およびグレーバランスを整えるためのブラック(K)の各成分に分けること。
色ぼかし
印刷物の指定色に対して、ハイライト(明るい)からシャドウ(暗い)まで、連続的に平網の濃度変化をつけることを指す。
色分かれ
「色むら」とも呼ばれ、複数の顔料が混合されたインキの乾燥過程で、表面に特定の顔料が浮いてしまい意図しない色が現れる現象。混合した顔料の比重や分散度に差がある状況で、インキの内部対流現象が引き金となって起こる。
色補正
コンピュータとディスプレイ、プリンタ、スキャナなどとの間で色合いを調整すること。カラー画像の入出力装置が本来の色を表していない時や、入出力装置の間で色合いが一致しない時には、色補正を行って調整される。色補正を的確に行うことで、自然に近いリアルな色が再現されるだけでなく、接続する入出力装置を変更しても同じような色合いで表現できるようになる。「カラーキャリブレーション」と呼ばれることもある。なお、カラー画像の制作者が、制作意図に基づいて意識的に色合いを変更することも「色補正」に相当するが、この場合は「カラーキャリブレーション」とは呼ばれない。
インキ(インク)
顔料や染料を含んだ液体で、文字を書いたり表面に色付けするために用いられる溶剤を指す。油性、水性、ジェルなどの分類によって性質が異なり、印刷で用いるものは「インキ」、それ以外の用途で使うものは「インク」と呼ばれることが多い。日本で古くから使われている墨もインクの一種といえる。一般に油性インクは長時間未使用のまま保存するとインクが固まってしまい、水性インクは保存性こそ優れているが水に濡れると滲んでしまう欠点を持つ。近年ではボールペンやプリンターのカートリッジとして水性顔料(染料)インクを使ったものが登場。長期の保存に耐え、水に滲みにくいのに水洗いで落とせるなどの利点を持っている。印刷用のインキはおもに顔料、媒剤、添加剤から構成され、被印刷媒体や印刷方法の違いによって、高粘度のジェル状のものや低粘度の液状のものが使い分けされる。大量発行を目的とした商業印刷においては、高粘度のジェル状インキが多用される傾向にある。
印刷
インキにより、紙などの媒体に文字や絵、写真などの画像を再現すること。印刷方式には、有版式、無版式があり、有版式の中にも、凸版、凹版グラビア印刷)、平版オフセット印刷)、孔版スクリーン印刷)といった種類がある。現在は、短時間で大量のカラー印刷が可能なオフセット印刷が主流。無版式では、高性能レーザープリンタやインクジェットプリンタなどを用いて印刷するオンデマンド印刷が広く活用されている。
印刷圧
印刷工程において印刷版やブランケット面に乗っているインキを、原紙に転写するために加える圧力のこと。略して「印圧」と呼ばれることも多い。凹凸など特殊加工がなされた原紙に対しては印刷圧を強くする傾向にあり、反対に薄かったり壊れやすかったりする原紙に対しては印刷圧を弱めるのが一般的とされる。
印刷局
独立行政法人国立印刷局の略称。東京都港区に本局を置く特定独立行政法人で、全国に7つの工場(虎の門、滝野川、王子、小田原、静岡、彦根、岡山)を持っている。局内の印刷部門では紙幣や切手、証券類や政府刊行物などの印刷が行われており、それらに使用する用紙の製造は製紙部門が担当。また、出版部門では官報法令全書など政府刊行物の編集と制作が行われ、研究開発部門においては紙幣の偽造防止技術などの研究開発が行われている。
印画紙
表面に感光性の乳剤が塗布されている感光紙。通常はフィルムの原寸より大きな像を得るため、引き伸ばし機を用いて拡大投影した像を記録する。代表的な用紙がRCペーパー。編集作業において写植の焼き付けなどを行い、出力されたものを版下として使用する。
インクジェット
低価格帯のカラープリンタで主流となっているインキの塗布方法。同じインクジェット方式を採用していても、プリンタの違いによってインキの吹き付けかたにさまざまな工夫が施されている。最近ではインキノズルに熱を加え、蒸発してできた気泡の圧力でカラーインキを吹き付けるタイプが登場。黒色の表現ひとつを取っても、黒インキのカートリッジを単体で使うものや、3色のインキを混合して黒色を作るものなど、さまざまなタイプのプリンタが存在する。
印字
紙や印画紙、フィルムなどに文字や符号を打ち出すこと。また、打ち出された文字や符号そのものを指す。
印刷版
オフセット印刷機に取りつけられたアルミ版などを指し、略して「刷版」とも呼ばれる。一般的には製版フィルムを感光させてつくるPS(Pre-sensitized Aluminum Plate)版と、製版フィルムを介さずコンピューターからダイレクトに出力するCTP(Computer To Plate)版が存在。どちらの印刷版も製版仕様に沿ってインキが乗っており、これを原紙に転写することで印刷画像を形成する。
インデックスカラーモード
RGBの256色で表現されるカラーモード。gif画像などがこのカラーモードである。web用のカラーモードで、色数に制限があるので、印刷にはあまり適していないカラーモード。
インデント
DTPソフトで、文書作成時に文字列の開始位置をずらす「字下げ機能」の一つ。段落ごとに設定でき、文章を見やすく整えるために使用する。

印刷・DTP用語集トップへもどる