印刷・DTP用語集 - テクニカルガイド - 印刷・ネットプリントなら印刷通販の【グラフィック】

初めての方へ

印刷の通販【グラフィック】

  •  
  • 新規会員登録

印刷・DTP用語集

ファンシーペーパー
美しい意匠による装飾を施した用紙の総称。艶紙、マーブル紙、パール紙、型つけ箔押紙、レース紙、シルクスクリーン印刷紙、花模様印刷紙などがある。それぞれに個性的な色・風合いを持ち、美的感覚を刺激する高い装飾性が特徴。ブックカバー、表紙、ノート、POP包装紙、高級化粧箱の貼紙など、幅広い用途に使用されている。色、紙質、紙厚、加工の組み合わせによって、表現の個性は無限にひろがる。
封筒
手紙や文書などを封入する袋。英語ではenvelope。何も入っていなければ「枚」、中身が入っていると「封」と数える。大きさは日本工業規格で決まっていて、長形・角形・洋形に分類される。また、中身の印刷物に書かれた宛先を封筒の宛先として利用できるようになっている「窓付き封筒」は、ダイレクトメールや業務用として利用される。書類の保存用としては、開閉を繰り返すことができるようにフラップ部分を留めるための玉紐(ひも)が付いた封筒もある。封筒が一般的に普及したのは、1840年にイギリスで重量0.5オンスまでの郵便料金が1ペニーと定められたあたりから。それ以前は枚数や距離によって料金が決められていたが、この頃、重量で料金が決められるようになった。
フォトタイプオフセット印刷
1970年代後半頃に存在した軽印刷。Photo Type Offset の頭文字を取って「PTO印刷」ともいわれた。フォトタイプオフセット印刷では、タイプライター印字した原版を版下としてPS版に焼き付け、小型平版印刷機で印刷した。1980年代からは、組版はタイプライターから写植機に移行したため、PTOとオフセット印刷の区別はなくなった。
フォーム印刷
かつては帳票印刷と呼ばれていたが、現在ではフォーム印刷と呼ばれる。売上伝票、請求書、給与明細書などの事務手続、事務管理などに用いる書式の決まった帳票の印刷のことをいう。印刷と同時に、ミシン目やパンチ入れ、ナンバリング、シートカットなどの加工にも対応できる。印刷には、オフセット、凸版、フレキソ、グラビアなどの方式が用いられる。
フォント
同書体の文字群をデザインしたデータ、あるいはその書体のこと。ビットマップフォントやスケーラブルフォント、ストロークフォント、アウトラインフォントなどがある。また、デジタルフォントの書体を「フォント」とよび、旧来の活字や写植文字を「書体」と区別することもある。
複合パス
DTPソフトの機能。外側を隠して内側を残すクリッピングマスクの逆で、外側を残すために使う。くり抜いて背景を見せることができる。
袋とじ印刷
片面にのみ印刷し、その面を外側にしてちょうど半分に折った時に、半面がそれぞれ1ページになるように印刷すること。ページ数の多い文書などは、すべてを袋とじ印刷して順番に並べて綴じることで製本することができる。製本を簡単に行えるため、ほとんどのワープロソフトには袋とじ印刷用にプリントアウトできる機能がついている。裏面に印刷しないのでインクの裏写りは防げるが、両面印刷の場合よりも二倍の数の用紙が必要になる。
ブックレット
小冊子のこと。リーフレットカタログパンフレットよりも小型でページ数の少ない印刷物がこれに当たる。
フラットベッドスキャナ
コピー機のように、透明なガラス台の上に画像原稿を固定して、下から反射光により画像を読み取るタイプのスキャナ。スキャナとしては最も一般的なタイプである。上からカバーをかけることで原稿が固定でき、さらに外光も遮断できるため、精度の高いスキャンができる。大きなサイズの原稿に対応するには、スキャナ自体が大きくなり、設置面積も大きくなるという欠点もある。
ブラインデング
印刷をしている際に、インキが画線部に付着しづらくなり、薄くなってしまう現象のことを指す。
ブランケット
オフセット印刷においては、まず版につけられたインクがブランケットに移され、ブランケットに付いたインクが用紙に印刷される。ブランケットはゴム製のシートと布製のシートを重ねあわせたシート。均一に転写するために表面がゴム製のブランケットが使用される。ブランケットは、圧胴に装着するクッション材として用いることもある。
プリフライト
フライトチェックとも呼ばれ、出力前にきちんとした出力ができるデータかどうかをチェックすること。不適正なデータで出力してしまうと、エラーが出て出力できないことや、デザインデータ通りの出力ができないなどのトラブルが発生する。見た目だけのデザインデータは誰でも作れるようになったが、それが出力に適したルールを守って作られたデータかどうかのチェック工程は重要。ソフトによってはプリフライト機能を備えたものもある。PDF入稿の場合、Adobe Acrobatのプリフライト機能を活用する。
プリプレス
デザイン、割付、文字組版、画像処理、製版など、印刷(プレス)以前のすべての工程の総称。革命的な変貌を遂げつつある。 プリプレスのうち、組版や製版の主な部分をパソコン上(デスクトップ)で行うのがDTPである。近年はコンピュータを駆使した多機能処理が可能になり、印刷業界では第四の波とまでいわれた。
プリンタ(プリンター)
印刷用機器の総称。コンピューターからの情報の出力に用いられるプリンタのほか、印刷会社にあるような印刷機、また、平面状ではなくジェル状の物質や3次元物体への印刷を可能とした機器も存在する。
フレキソ印刷
凸版印刷方式の一種。一般的な凸版印刷と比べて軽い印圧が特徴。紙などの印刷対象物に押し付けて転写する木版画のような印刷方式である。版の素材はゴムや合成樹脂。柔軟で弾性のある版を使用している。版の耐久性はないが、他の印刷方法に比べて版を作りやすくコストも低い。インキは水性インキとUVインキといった液状インキ。ベタ印刷に優れており、日本ではダンボール印刷で広く用いられている。
プレスコート
表面加工の代表的なもののひとつ。印刷物の表面に、アクリル酢酸ビニールなど熱で固まり光沢を出す塗料を塗布し、熱風乾燥させ鏡面版(ステンレス製)でプレス。そうすることで印刷物の表面にフィルムを貼ったような鏡面仕上げが可能になる。主にパッケージなどに使用される。ニスよりも高価で、光沢や強度はニス引きより高いのが特徴。ほかにも表面加工として、光沢コートやラミネート加工などが挙げられる。
プロセスカラー
通常のカラー印刷物で使われるシアン(藍)・マゼンタ(紅)・イエロー(黄)・ブラック(墨)の四色のこと。この四色の掛け合わせで、あらゆる色が表現できる。DTPソフトでは、CMYKの組み合わせで色を指定できる。反対語は「特殊インキ」、「特色インキ」。
ブロッキング
インキが乾く前に過度な圧力が加わることで、重なった紙が接着してしまうこと。インキの盛り過ぎが原因となる場合もある。ブロッキングが起こったまま次の工程に進むと、接着した用紙がはがれる際に紙がむけてしまう。印刷面全体にブロッキング防止用パウダーを吹き付けるとブロッキングを防ぐことができる。
分色校正刷
カラー印刷はC(シアン)M(マゼンタ)Y(イエロー)K(墨)という4色の重ね刷りで表現するが、印刷サンプルとなる校正刷は半自動機で1色ずつ刷り重ねるという行程を通る。この際に1色ずつ単独印刷したもの、および2色、3色と刷り重ねていった各段階の校正印刷物を指す。
文化用紙
文化的な目的をもって使用される用紙のすべてを指す。産業用紙に対して使われる用語で、筆記および各種の印刷用紙のことも含んでいる。

印刷・DTP用語集トップへもどる