印刷・DTP用語集 - テクニカルガイド - 印刷・ネットプリントなら印刷通販の【グラフィック】

初めての方へ

印刷の通販【グラフィック】

  •  
  • 新規会員登録

印刷・DTP用語集

ヒートセットインキ 
加熱により急速に乾燥するタイプのインキのこと。加熱乾燥機付きの高速オフセット輪転機に使用されている。変性フェノール樹脂などの合成樹脂を溶剤に溶解し、これに顔料を加えてつくる。印刷後、電熱やガス、赤外線などで加熱することによって乾燥させる。凸版の高速印刷やオフセット多色刷のような大量印刷の場合に用いられる。
ピクセル
デジタル画像は色の異なる点の集まりで表現されていて、その表示装置における最少構成単位をピクセル(=画素)と呼ぶ。デジタル画像処理を行う上で1画素が最小単位となる。1ピクセルは、使う機器やソフトによって、1ドットに相当することもあれば、8ドットになることもある。
ビクトリア印刷機
平圧式印刷機の一種。圧盤が版盤と平行の位置をとる平行押圧式で、印刷圧力が強大。また圧力を平均的に加えられる構造となっている。1887(明治29)年にドイツのシュナイダー社が製造販売した。その名前は、英国最盛期のビクトリア女王にあやかったとされている。
ヒストグラム
Photoshopで画像の明るさのレベル別に画像内のピクセル数をグラフにあらわしたもの。画像の階調が一目瞭然なので色調補正時に確認必須。パレット表示は[ウィンドウ]→[ヒストグラム]。
ヒストリーパレット
Photoshopの作業履歴を記録しておき、操作をさかのぼるとが可能。どこまで戻れるかは環境設定の[パフォーマスンス]→[ヒストリー数]次第。設定数を超えると、古い方から消えていく。
ビットマップ
画像フォントなどのデータを点(ドット)に分解し、位置とその属性を記録または再現する方式。文字や画像情報をコード化せずに、ビット情報・点(ドット)として平面に展開したものでもある。ドットのまま表示・保存するディスプレイ方式は、ビットマップディスプレイ(bitmap display)。ペイント系のグラフィックソフトで作成されるデータはこの形式。
非塗工紙
表面に何もコーティングされていない紙のこと。原料の化学パルプの混入率により、上質紙中質紙・下級紙に分類される。代表的なものに雑誌の表紙や書籍の本文に使われている「上質紙」や、雑誌・教科書・書籍の本文用の「中質紙」、グラビア印刷用の「グラビア用紙」などがある。
微塗工紙
中質紙に1平方メートル当たり両面で12g以下の塗料を施した塗工紙の総称。1987年頃に登場した紙種で、塗工紙をつくるときのコーターよりも簡易なオンマシン式の装置で塗工される。
ビニルフィルム印刷
特殊印刷のひとつで、塩化ビニルを主体としたフィルム上への印刷のこと。通常の印刷のように、様々な色を配したり細かな模様の印刷にも対応する。
百万塔陀羅尼
764年(天平宝字8年)、称徳天皇が国家安泰を願い「無垢浄光陀羅尼経(むくじょうこうだらにきょう)」という経文を100万巻印刷させた。それを100万基の三重の小塔に納め、大安寺・元興寺・法隆寺・東大寺・西大寺・興福寺・薬師寺・四天王寺・川原寺・崇福寺の10大寺に奉納。この史実は「続日本紀」に記録されており、そこには、完成まで5年8ヵ月を費やし、157名の技術者が関わったと記録されている。百万塔陀羅尼の印刷方法については、木版説と銅凸版説の二説が存在。なお、現在において制作年代が明確になっている世界最古の印刷物でもある。
表1・表2・表3・表4
本のいちばん外側に付けられ、中身を保護し、装飾する表紙の各ページの呼び方。表表紙を表1とし、その内側を「表2」、裏表紙の内側を「表3」、裏表紙を「表4」と呼ぶ。
平網
一定割合の網点が並んでいる均一濃度のパターン。文字、図形、線などを平網で塗りつぶすことを「網フセ」という。 平網は一般に10%単位で用意される。均一で美しい平網にするには、網点の大きさを変化させて色の濃淡を表現する「AMスクリーニング」が有効。網点の密度を変化させて色の濃淡をつける「FMスクリーニング」ではざらついた感じが目に映ることがある。
平綴じ
本の中身を揃え、背に近い部分を針金で綴じ、表紙を付ける製本方式。無線綴じより丈夫だが、本の開き具合は良くない。比較的簡便な綴じ方で、雑誌などに広く用いられる。糸綴じ、がり綴じとも呼ぶ。針金の太さが異なると「中綴じ」になる。
ピンホール
CTP刷版にゴミの付着などでできる小さな穴やキズ。色校正の段階で発見できる。色面に白い点や別の色の点として見えたり、白地の面に色のついた点として見えたりする。赤ペンで位置を示し、余白部分に「ピンホール注意」と書いて修復の指示を出す。

印刷・DTP用語集トップへもどる