印刷・DTP用語集 - テクニカルガイド - 印刷・ネットプリントなら印刷通販の【グラフィック】

初めての方へ

印刷の通販【グラフィック】

  •  
  • 新規会員登録

印刷・DTP用語集

歯(H)
写植の際に、字間や行間を指定するときの単位。単位の表記はH。1歯送り1Hは0.25mm。手動写植機に付いている歯車のピッチが、1つ動くと0.25mm移動して印字されるところから生まれた用語。1歯=0.25mm=1Qとなり、「歯」と「Q」は同じサイズを示すが、「Q」は文字サイズのみを示す。
ハーフトーンスクリーン情報
出力先の線数や網の角度などを指定する情報。網目の形(網点形状)には円以外に、四角形や線状のもの、楕円形のものもある。新聞の写真スクリーン線数が75線〜85線程度で、通常の印刷物ではスクリーン線数が133線以上あれば写真印刷も問題ない。細かなディテールを要求するなら150線以上が理想的。ただし、印刷する紙との関係も考慮する必要があり、たとえば粗い紙に高いスクリーン線数印刷してもインクのにじみなどの問題があり実際には意味がない。通常、DTPにおいてハーフトーンスクリーンはデジタル処理され、これをデジタル・ハーフトーンスクリーンという。デジタル・ハーフトーンスクリーンの処理法には、濃度パターン法、誤差拡散法などがある。
倍胴型
ユニット型枚葉多色オフセット印刷機において、前の印刷ユニットの圧胴から印刷紙を受け取り、次の印刷ユニットの圧胴に渡すための胴において、胴径が版胴の倍径のものを倍胴型という。厚紙を印刷しやすい。
ハイファイカラー
1. 広告用語。あらかじめグラビア輪転機などでカラー印刷された巻取り紙の裏面に、新聞輪転機でニュースや広告を追加印刷する方法のこと。記事の印刷と裏面の絵柄との見当合わせは行わず、デザインはどこで断裁されてもよいような絵柄に限定される。

2. CMYKの4色で構成される従来のカラー印刷に、RGBの3色のインキを加えて7色で印刷する手法。二次色を加えることで、明度・彩度とも高くできるため、高彩色印刷ともいう。
ハイライト
写真や絵画など色に諧調のある原稿で、明るく濃度の低い部分。印刷物では最小網点や紙の白さで表現される。最も明るい部分は「ハイエスト・ライト」と呼ぶ。まれではあるが、画像コントラストを強く付けたものをハイライトという場合もある。反対語はシャドウ。
ハイライト版
印刷技術用語。原画の白色部分を強調するために、白色部の網点を取り除いた写真版のこと。普通の写真版では白色部分にも網点が入るが、二重露出やレタッチでこの網点を消し、光輝部分を強調したり、逆にさし絵などの線描きの部分には網点をかけずに濃淡の部分だけに網点をかける。
パウダースプレー装置
パウダーとは、印刷された用紙が積み重なっていく際に、用紙間に散布される微細な粉のこと(主成分はでんぷん)。印刷後、インキが半乾きの状態で紙が積み重なると、裏移りなど、インキが上下の用紙に付着してしまう問題が発生する。そのため、一般的なオフセット印刷では、印刷された用紙が積み重なるデリバリー部分にパウダースプレー装置を設置し、パウダーを散布する。散布することで、紙と紙の間に微細な隙間を作ることができ、紙同士が密着しなくなる。密着させないことにより、酸化重合によるインキの硬化を促す効果もある。パウダーの大きさは15〜50ミクロンと様々なサイズがあり、印刷条件などによって最適なパウダーが使用される。
パウチ
接着性の高いポリエステルフィルムを印刷物に熱圧着させる加工方法。各種カードやメニューなどに利用される。印刷物に対するラミネート加工の俗称でもある。パウチの利点は、印刷物を保護したり、色落ち・摩耗を防いだり、美観を良くしたり、高級感を増すことができる点。また、不正な改ざんも防止できる。ただし、フィルムが剥がれ、印刷物表面との間に隙間ができてしまうと、そこに入り込んだ異物を除去しにくくなる。
箔押し
文字や模様の凹凸対の型で、表側に当たる型に金箔・銀箔などを貼り付けて、熱と圧を加えて紙に凹凸を施す加工。目立たせたい場合に効果的。ホットスタンプとも言う。箔を貼らずに型押しする加工は、空押(からおし)と呼ぶ。ホログラム箔押しや転写箔押し、ラバー版押し、盛り上げエンボス加工、ウエルダー併用箔押しなどといった特殊な箔押しもある。
はさみツール
Illustratorの機能で、パスをクリックした位置で切断するためのツール。文字もフォントアウトラインを作成すれば切断できる。
ページの上部・下部など、本文以外に入れた書名・見出し・タイトルなど。ページ検索を助ける役目を果たす。偶数奇数両ページに入れる両柱(りょうばしら)と、奇数ページのみにいれる片柱(かたはしら)がある。本文の活字より小さくするのが普通で、 書体は基本的に本文書体と同じものを使用する。縦組み(縦柱)と横組み(横柱)の2つの形式があり、縦柱の場合は小口の余白の側、横柱の場合はまたは地の余白の小口側につけるのが基本となる。
端物
チラシ・ポスター・葉書などのページ物以外の印刷物を言う。ペラ物。読み方は「はもの」。英語ではoddment。
バックアップローラー
グラビア輪転印刷機の圧胴を上からバックアップし、圧胴のたわみによる押圧の逃げを防ぎ、全体に強い印圧をくわえるためのローラー。最近の印刷機では、圧胴の内部構造に工夫をして、たわみによる圧の逃げを防止し、バックアップローラーをなくした印刷機もある。
発行
図書・新聞・雑誌などを印刷して、世に出すこと。
パピルス
カヤツリグサ科の植物の一種。古代エジプトでは、パピルスの地上茎の内部組織(髄)を使って、文字の筆記媒体として使用された。「紙」を意味する英語の「paper」やフランス語の「papier」などは、パピルス(papyrus)に由来する。当時使用されていた一枚のサイズ(幅)は、最上質のものでは24cmほど、最も大きくて40cm程度であった。また、長さは25cm〜30cmほどで、厚さは0.1mm〜0.25mmであった。薄片を二層に接着して作るという構造上、表裏で繊維の向きが異なり、また折り曲げに弱いため冊子状にすることは難しい。そのため、数枚から20枚程度のシートをアラビアゴムで長く繋ぎ合わせて巻物として使用された。800年頃に中国から紙の製法が伝わるとやがて生産されなくなった。
バレープリント
型押しと同時にその凹部にも色付けを行う印刷のこと。合成皮革や壁紙などの印刷時に用いられる。一般的には、熱可塑性の被印刷体を予備加熱し、凸部にインキづけした彫刻版などの版胴で被印刷体にエンボスを施す。それと同時に、被印刷体の凹部に色づけを行う。谷染め印刷とも言う。
番号印刷
伝票や会員カードなど、一枚一枚に固有の番号をつけていく印刷のこと。印刷方式によって、連続番号での印刷やランダムに選んだ番号での印刷に対応できる。
反射原稿
イラストや印画紙焼きした写真など、光を当ててその反射光によって分解(製版)する原稿。プリントした写真やイラスト、印刷物が代表的。類義語として「紙焼き」がある。反対語は「透過原稿」。反射原稿は透過原稿に比べて、原稿の濃度幅がかなり狭く、解像性も劣る。また、サイズや拡大・縮小率が異なりやすい。さらに、原稿の表面性状(グロッシー、マット、シルク等)によっても影響が出てくるので注意が必要。モノクロ製版では反射原稿が主に使われる。
版づら
印刷物の判型から周囲の余白を除いた部分。本文や見出しの活字線類が印刷される。「はんめん」ともいう。製版の基準寸法については「版づら寸法」といい、断裁のときの裁落とし分を含んだ寸法を示す。
パンフレット
比較的ページ数の少ない会社案内、商品説明書、各種マニュアルなどに利用される小冊子のこと。英語表記はpamphlet。なお、映画のパンフレットは日本独自の文化。直接的な宣伝広告の色合いを排したい場合は「ブックレット」、デザインやレイアウトに工夫を凝らして図版を多用する高級なパンフレットは「ブローシャー・ブローシュア」と呼ばれる。

印刷・DTP用語集トップへもどる