印刷・DTP用語集 - テクニカルガイド - 印刷・ネットプリントなら印刷通販の【グラフィック】

初めての方へ

印刷の通販【グラフィック】

  •  
  • 新規会員登録

印刷・DTP用語集

影印
原本となる印刷物をページ単位で写真撮影し、そのフィルムを印刷版に用いて複製印刷すること。そのようにして作られた本を「影印本」や「複製本」と呼ぶ。原本の文字も画像として扱うため、これまでは文字の読みにくさを指摘されることがあったが、現在はATM(Adobe Type Manager)プログラムと専用のフォントを使用することで、鮮明な文字を印字できる。
エッチング
防食処理を施した銅板の表面を針で削り、その後腐食させることで凹版を得る技法。腐食作用を通じて間接的に版を加工するため、凹版画技法の中の間接法に分類される。直接銅板に線を彫る直接法よりも自由な線を描けるのが特徴で、もともとは版画や平版を加工するための技法だが、現在では腕時計の文字盤やプレートの装飾に使われるなど、印刷以外の加工でも注目を浴びている。
エンベロープ
Illustratorでオブジェクトを選んで、おなじみのプリセットで変形させたり(ワープで作成)、メッシュポイントを移動させて自由な方向に変形させたり、自分でつくった好きな形に変形させたりできる。
エンボス
などに文字や絵柄などを浮き彫りにする加工のこと。雄型と雌型の間にをはさんで加圧して、文字や図版を凹凸の模様に浮き出させる。
円圧印刷
平らな原紙に対して、円筒状にした印刷版を回転させてインキを転写させる印刷方法。原紙と印刷版の接触面積が狭いため、弱めの印刷圧でも済むのが特徴。印刷版と原紙の両方を円筒状にセットする輪転印刷と比べると、工程のスピードは遅く大量生産には不向き。しかしながら機械そのものはコンパクトに設計されているため、狭い設置スペースで大きな版面印刷に対応できるのが強み。

印刷・DTP用語集トップへもどる